アジアの尾根遺産【インドネシア分室】

ブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、インドネシア関連記事だけを移転させました。ただしバリ島とジャカルタは除きます。

Tag:風俗

バンコクを後にされたH様はその後、バリ島⇒スラバヤ⇒ジャカルタと行脚されました。ジャカルタでは何と、あの線路脇置屋群(画像)にもトライされたそうです。

◎バリ島・スラバヤにかつての姿は

バンコクではヤワラートの立ちんぼに名残を残し、次にいよいよ自分の第二のホームグラウンド(もちろん第一は日本)であるインドネシアに入国。


まずはバリ島のJl. danau poso辺りの番号置屋を周る。8万ルピアでバイクを借り出発。


20年前は本当に多くの番号置屋やホテルがあり、値段も10万ルピアを下回る安さ。ところが、今や最低でも25万ルピア。


ウオーっと思うcantik(カワイイ)なcewek(尾根遺産)もいなくなった。


次に行ったスラバヤも、ドリーが無くなった今、魅力がなくなった。ここはジャカルタに賭けるしかない。
20180512_184931

◎コタインダーの変化

ジャカルタに到着、真っ先に行ったコタインダーのディスコ置屋群。

レベルが高すぎる。Cantik、Ramping(スリム)、Muda(若い)三拍子揃ったcewekが何人も・・・。


そこで遊んだ18歳のバンドゥン出身のcewekに聞くと、「インドネシア人は細身でスラっとした長身の私みたいな子よりも、オッパイの大きいmontok(ふっくら)な子を好んで、私みたいな子は日本人しか遊んでくれないの」と言うではないか。なんともったいない!


更に聞くと、「ここはsepi(寂しい)なので他に移るのよ」ということである。今考えると電話番号くらい聞いとけばよかった。


ただ、ここもインフレが進んで、38万ルピア。

 

◎H様からの補足情報

コタインダー全店、今まで金魚鉢だったのがカウンターになっていて、近くでじっくり品定めができるようになっていました。


「Biskah berciuman?」(キスできますか?)とか「Kamu beragama apa?」(あなたの宗教は?)など会話ができるので、ハズレにあたりにくいです。


*イスラムだと女の子はクリトリス(intil)を切り取られて感じにくく、すぐgeliとか言う。

◎スラバヤのローカル用風俗は

H様に「オトコの夜遊びガイド:スラバヤ編」で推奨してきたエリアの様子を伺いました。


一店舗に5,6人、25万ルピアでした。

レベルは、30代でmontokの子が多く、キスやクンニOKの子が多くサービスもよかったです。


補足しますと、スラバヤのこの商業区画には、☆番オプションが標準のマッサージ置屋が複数軒あります。


しっかりマッサージもしてくれたうえで、シャワーもあって、トータルで25万ですから、ジャカルタの置屋長屋並か、それ以上のコスパなんですね。

数ケ月前のこと。これまでもお世話になっているYN様から、思わぬ情報が。


チカラン
のジャバベカ工業団地方面に、昨年あたりから怪しい尾根遺産たちの姿が路傍に散見される、と。そしてローカルの話では、彼女たちはカリジョドが潰れて流れてきたようだと。


元:カリジョドの道待娘。こんな情報を聞いて、私がチカランに行かないわけには参りません!

◎その場所は

ジャラン・カリマランといえば、ピンとくる読者様もいらっしゃるでしょう。旧ブログに書いた私の初ブカシ遠征記や、過去記事「カラワンのカフェ・チェウェ」の舞台(地図の赤印)でもありました。いわば「ローカル風俗街道」ですね。


今回の目的地は緑印のあたりです。


ちょっと話が横道にそれますが、このGoogleマップ、今回の執筆にあたって表示回数を見たら、なんとビックリの7,200回超!!


「カラワンのカフェ・チェウェ」と「今は消滅?ジャワ島のカラオケ街道」の記事用に作成しただけのマップに、これほどのアクセス数があったのには正直、驚きました。

ということは、今回のようなインドネシアのローカル風俗探査記事にも、ニードが相応にあるのですね。

 

◎「店舗」ではない場所で

高速道のチカラン・バラット出口からジャバベカ方面(北)に向かい、Jl. Raya Kalimalang に右折したいのですが、そこは右折不可の場所なので、さらにジャバベカ方面に進んでからUターンしてきて左折します。

20180512_100450


しばらく道なりに進むと、左側にコンビニ「インドマレット」が見えてきます。その先から道路工事中で、中央分離帯の片側が未完成なのですが、今は車両通行不可のその場所に、数百mにわたってポツンポツンと尾根遺産が椅子に腰かけています。


店先ではなく、建物の無い場所に椅子だけを持ってきて座っているようです。

道の反対側はほとんど壁なのですが、その壁の前にも数名座っていました。


平日の20時頃なので、まだ勢揃いしていない時間帯と思われますが、それでも総勢で20名以上はいたでしょう。もう少し遅い時間帯には3ケタいる、という話も。


下の動画リンクは一旦通過してから、リッポー・チカラン方面へ戻る際の車内から撮影したものです。尾根遺産の姿は画面で視認できないと思いますが、周辺の雰囲気はお感じいただけるかと。

店舗ではない場所にいるので、カフェ・チェウェ形態では無いものと考えられます。道端にバラックがあるようなので、そこで済ませるのでは?というのがYN様の見立てです。


そうだとすれば、ジャカルタの路傍のテント小屋みたいなものですね。プレイ環境はカリジョドよりも相当劣悪になりますね。

今回はH様のスラバヤ/ドリーの近況です。画像もH様から頂戴した今月のものです。

 

◎思い返せば

私がドリーを知ったのは十数年前、Gダイアリー「風俗開放戦線」猫巻師匠の記事。

当時の謳い文句が“東南アジア一の規模の赤線地帯“。


道を通れば、そこらじゅうのポン引きから「マスッ(お兄さん)」と呼び止められ、賑やかな様相だったらしい。

その記事を読んで、いてもたってもいられず、覚えたてのインドネシア語を磨き、いざドリーへ。

surabaya-dolly-street

記事の通り一発80,000ルピア。「murah meriah(めっちゃ安い)」と思わず声が出てしまった。


当時、尾根遺産たちはスレていなく、チップも要求しない。

おまけに田舎から出てきたばっかしの純情な子もいて、やり終えて寝ているとギュッと抱き着いてくる。

 

◎一縷の望みを抱いて

あれから10数年、ドリーは閉鎖されたが、「もしかしたら復活しているかも!」と期待をしながら今回再訪。


いつもの定宿メトロホテルにチェックイン後、クドンドロのDUTAでマッサージ。夜9時になって、いざドリーに出発。

surabaya-dolly-street2

いよいよドリーに到着。前回の調査と変わらず道が暗い。

あの金魚鉢があった店は廃墟と化し、道を歩けばおやじたちがチェスやポーカーにふけっている。


更に路地裏に進むと、遠くからむなしくダンドゥットのリズムが聞こえてくる。

 

◎遊べなくはないけれど

道端に座っているおやじたちから、ひっきりなしに女遊びのお誘いがあるが、値段を聞いてビックリ!の35万ルピア。


道端に座っているのを見ると合格点には程遠い。警察への袖の下が入った値段なんだろう。

 

◎声をかけてきたのは

surabaya-dolly-street3

そうこうしているうちに元メインストリートに。今までになかった公園が建設されていた。

その傍でたむろしていたchew学生くらいの女の子が突然声をかけてきた。まさか!!!

surabaya-dolly-street4

「おじさん、写真撮って!」

ポーズをとっていたので思わずカシャリ。


ということで、今回も復活ならず残念。ドリー壊滅後も細々と続けていた深夜営業のカリマンタンも閉じていた。ここはもう何もない。


昔は、歩けばタクシーやオジェの運転手が声をかけてきたものだが、今は皆無。歩いてメトロホテルまで帰ることに・・・。

アメリカやカナダなど先進国は風俗を開放しつつある中、アジアでは逆風が!昔のよき文化の復活を望むばかりである。

 

◎管理人から補足

>ここはもう何もない


この短い文に、H様の無念が凝縮されているように感じました。


>先進国は風俗を開放しつつある中


そうなんですよね。前にも書きましたが、飾り窓で有名なオランダのアムステルダムでは、同地域に売春ミュージアムを作って公開しています。スイスでは市が管理する売春宿があります。


つまり、行政が「認めて」いるわけですよね。

アジアで、風向きが変わるのはいつ?

日系企業が多数進出している、ジャカルタ東部の工業団地

その方面のローカル風俗としては、以前にチビトンの赤線地帯を紹介しました。

今回はカラワンのローカル御用達SPOTです。

 

車がほとんど通らない場所で

チカラン=カラワン間の川沿いに延びるジャラン・カリマラン。

多くの車は近くの高速道を通行しますが、バイクが抜け道として愛用しています。

DSC_1049

平日の昼下がり、交通量はごく僅か。

そんなエリアを流れる川の両側に、ざっと20数軒の 【カフェ】【カラオケ】が数百mにわたって点在しています。

DSC_1050

昼過ぎでは当然、殆どがまだ営業前。

近くのワルンで休憩がてら、地元民に尋ねてみたら 「ABG、バニャ」(若い尾根遺産が沢山)、と言います。

しかし1軒1軒は建物自体が小さくて、どうみても「個室」は無さそう。

DSC_1052

つまり此処のカフェ群は、バリ島関連記事で以前、旧ブログに書いたCafe Cewekカフェ・チェウェの部類かと。

ワルンにいたローカル男性に「サナ, ミヌム サジャ?」(There, drink only?)と訊いたらそうだ、と言っていましたし。

お店の中でのエロは無くて、口説いて閉店後に連れ出すとか、連絡先を交換して別の日に逢引とか、そういう遊び方の場所ですね。
DSC_1051

起きたばかり(多分)で食事中の尾根遺産が店先にいた2ケ所で、車を降り料金を尋ねてみたら、どちらも45,000Rp(多分1時間)だと。

ちなみにそのとき実物確認できた4名の尾根遺産のうち、道側に半ケツを晒して食事中だった、やけに色白な尾根遺産がやや美形で、推定22~3歳、他は20代後半かと。

一介の旅行者では、アクセスも至難です。

もちろん、英語なんてNGです。

≪LCCユーザー様のコメント≫
いつも楽しく拝読しています。

この手のスポットは、おっしゃるとおりローカルの「聖域」だと思われ、我々がヘタに手を出すと秩序(笑)を乱しかねませんし、それを快く思わない輩(こういう所に出入りするわけですから、素性はお察しできるかと)の反感を買い、トラブルに巻き込まれる恐れもあると思います。

加えて衛生面、特に病気のリスクもありますので、場慣れした方であっても、遠巻きに見るだけにした方が良いかと思います。
ただまぁ正直なところ、個人的にはかなり興味ありますが(笑)


≪管理人の返信≫
ご指摘のとおりかと存じます。

間違ってもビギナー向けに「オトコの夜遊びガイド」に収録する情報ではないので
こうして公開した次第でございます。
あくまで見学程度に、それも自己責任でお願いするような場所ですね。


≪andy様のコメント≫
お久しぶりです。永住のつもりが最近日本に強制送還されました。

言葉が流暢な私は日本食レストランでウェイトレスといつも愛人契約交渉の話になりネシアでは金と時間と体力が許す限り女性に不自由しませんのであえてカリマラン沿い・カリジョド・アンケ周辺に立ち寄ってリスクを犯す気にはなりませんです。

クラシックかマリオ等で十分でしょう。40万(3千円強)あれば漫画ブサールで発散できますものね。チカラン周辺のスパもちょっと割高(70万)ですが十分遊べすし。

カラワンも随分KTVが増えましたね。。。買ったことないですが言葉の不自由な方は”オトコの夜遊びガイド”でネシア女性と是非楽しんでください。


≪管理人の返信≫
andy様、お久しぶりです。と思ったら、日本に戻られてしまったのですね。


>ネシアでは金と時間と体力が許す限り女性に不自由しません


あぁ、私もそういうセリフを吐いてみたいです!!
インドネシア語ができれば、楽しいことがたくさんできますよね。

今回の体験談は、チカラン&ブカシ編には収録済みなのですが、工業団地方面の風俗を精力的に開拓していらっしゃるS様からです。

◎SPAに入店

入るとすぐに小さなカウンターがあって、そこで番号札を受け取ります。中に入ると小さなバーがあり、ママに「女の子を選べ」と言われます。女の子はパソコンとタブレットから見れます。


その時選べたのは約10人程度でしょうか?


写真では可愛い子がたくさんいましたが、選ぶ事が出来たのはそれほど可愛くない子ばかりでした。


予約も出来るので、お気に入りが出来たら予約したほうが断然良いでしょう。


ママがやたら推してくる、まだ新人のそれほど可愛いように見えない子を選びました。


まず、ママからシャワーを浴びるか?と言われたので案内された場所に行くと、大きめのジャグジーとシャワーブース、サウナがありました。

◎ファシリティ

まだ新規店と言う話でしたが、内装はあまり綺麗ではありません。


明らかに着替えてから入るスペースのようだったので戸惑っていると、「あっちで着替えてこい」って言われたので、そこにいくとロッカールームになっていました。

良く見ると、番号札にはロッカーの鍵がついていました。


そこで備え付けの服に着替え、シャワーを浴びに行くとシャワーの出も悪く、配管に穴があいていて、隣のシャワーブースに3割ぐらい水が飛んでいっていました。

ジャグジーに入ることも考えましたが、入浴剤なのか、ただ汚いだけなのか、少し水が緑がかっていたので止めました。


シャワーを浴び終わると二階に案内されます。

ここまで、一度も料金・システムの説明は有りませんでした。


私は事前に聞いてたのでそれほど怖くはなかったですが、初心者では不安になるかもしれません。


たぶん、聞けば教えてくれると思いますが、英語通用度が非常に低いためインドネシア語が出来ないとわからないかもしれません。


部屋の前で尾根遺産が待機してます。

ドアがなくカーテンだけです。


部屋の間仕切りは、壁が有りますが、一部隣の部屋と繋がっているので(おそらくエアコンを共用するため)、声は丸聞こえです。
20180510_162852

◎サービス

尾根遺産は、ほぼ写真通りのあまりかわいくない子でした。

肌は濃い褐色。かつての経験の中では一番黒い子です。


部屋の奥にはシャワーがあります。板張りの床に薄いマットが敷いてあります。そして、若干カビのような匂いもします。


全部脱ぐように言われて、うつ伏せになり、施術スタートです。


シアツからはじまり、クリームを使ったマッサージです。終始話しかけながらしっかりやってくれます。強さは少し弱めですが、そこそこ上手です。


最後に際どい部分をマッサージしてきたところで、続きもするか?と言われ、追加で300,000rp と言われました。


プレイ自体はいたって普通。

なぜか、スカートだけは脱ぎませんでした。

終わったあとは、部屋でもう一度シャワーを浴びて終わりました。

最後に受付で150.000払っておわりです。

料金は聞いていたとおりで、特に揉めることも無かったです。

 

◎管理人の感想

S様、新規開拓お疲れ様でした。

今回の本番マッサージ店はファシリティ的にハズレ、ですね。


私も何度も経験がありますけれど、風俗の新規開拓にハズレはつきもの。その手間をかけずに済むように、と「オトコの夜遊びガイド」があるわけです。

↑このページのトップヘ