アジアの尾根遺産【インドネシア分室】

ブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、インドネシア関連記事だけを移転させました。ただしバリ島とジャカルタは除きます。

Tag:夜遊び

バンコクを後にされたH様はその後、バリ島⇒スラバヤ⇒ジャカルタと行脚されました。ジャカルタでは何と、あの線路脇置屋群(画像)にもトライされたそうです。

◎バリ島・スラバヤにかつての姿は

バンコクではヤワラートの立ちんぼに名残を残し、次にいよいよ自分の第二のホームグラウンド(もちろん第一は日本)であるインドネシアに入国。


まずはバリ島のJl. danau poso辺りの番号置屋を周る。8万ルピアでバイクを借り出発。


20年前は本当に多くの番号置屋やホテルがあり、値段も10万ルピアを下回る安さ。ところが、今や最低でも25万ルピア。


ウオーっと思うcantik(カワイイ)なcewek(尾根遺産)もいなくなった。


次に行ったスラバヤも、ドリーが無くなった今、魅力がなくなった。ここはジャカルタに賭けるしかない。
20180512_184931

◎コタインダーの変化

ジャカルタに到着、真っ先に行ったコタインダーのディスコ置屋群。

レベルが高すぎる。Cantik、Ramping(スリム)、Muda(若い)三拍子揃ったcewekが何人も・・・。


そこで遊んだ18歳のバンドゥン出身のcewekに聞くと、「インドネシア人は細身でスラっとした長身の私みたいな子よりも、オッパイの大きいmontok(ふっくら)な子を好んで、私みたいな子は日本人しか遊んでくれないの」と言うではないか。なんともったいない!


更に聞くと、「ここはsepi(寂しい)なので他に移るのよ」ということである。今考えると電話番号くらい聞いとけばよかった。


ただ、ここもインフレが進んで、38万ルピア。

 

◎H様からの補足情報

コタインダー全店、今まで金魚鉢だったのがカウンターになっていて、近くでじっくり品定めができるようになっていました。


「Biskah berciuman?」(キスできますか?)とか「Kamu beragama apa?」(あなたの宗教は?)など会話ができるので、ハズレにあたりにくいです。


*イスラムだと女の子はクリトリス(intil)を切り取られて感じにくく、すぐgeliとか言う。

◎スラバヤのローカル用風俗は

H様に「オトコの夜遊びガイド:スラバヤ編」で推奨してきたエリアの様子を伺いました。


一店舗に5,6人、25万ルピアでした。

レベルは、30代でmontokの子が多く、キスやクンニOKの子が多くサービスもよかったです。


補足しますと、スラバヤのこの商業区画には、☆番オプションが標準のマッサージ置屋が複数軒あります。


しっかりマッサージもしてくれたうえで、シャワーもあって、トータルで25万ですから、ジャカルタの置屋長屋並か、それ以上のコスパなんですね。

◎ジョグジャ再訪の理由は

ご存じの読者様もいらっしゃるでしょう。

実は「オトコの夜遊びガイド:ジョグジャカルタ編」の説明ページに「今後の改訂予定はありません」と書いておりました。


ではなぜ今回、ジョグジャカルタに行ったのか。

別の目的があったからです。改訂作業は、いわば「ついで」でした。


もう何年も前になりますが、たまたま読んだ「インドネシア情報局」さんの記事の内容がとても印象的で、「いつか此処へ行きたい!」と。

その想いが捨てられなかったんです。
temple-1699916_640

◎ジャワ島の密やかな伝説

すでに更新をしていらっしゃいませんが、敬意を表して「インドネシア情報局」さんの2009年の記事を一部抜粋引用いたします。

 

ジョグジャカルタから車で2、3時間の場所に、Gunung Kemukus グヌン・クムクスがある。Gunungとは<山>を意味するインドネシア語。


そのグヌン・クムクスの麓に当たるのか、中腹に当たるのか忘れてしまったが、Kota Sragen コタ・サラゲンがある。 


Kotaは<都市・街>を意味するインドネシア語。要するにサラゲン町を目指す。


このサラゲン、所謂置屋が相当多い町とのこと。もちろんローカル人向けで、そんな場所で遊ぶ外国人はほぼ存在しない筈。


そのサラゲン町に昔から伝わるミステリー。

ローカルでは、もちろん女性を買いに行く場所として有名な場所らしいのだが、本来は夫婦で行くべき場所。行う行為はもちろん★ックス。


夫婦で行って何をするかと言えば、男性はその場所で別の女性を選び、奥さんもその場所で夫以外の男性を選ばなければならないそうです。


<行為の代償として得られるのが莫大な富>と昔より伝えられ、実行する夫婦がいまだにいるかは別にして、そんな場所として知られているようです。

男性が独りで行っても効果は何もないそうです!

 

◎ヒアリングしてみたら

2014年、パガンダランからジョグジャカルタまで鉄道で向かった、その車内。

故障かトラブルか、全く動かない列車内で、相席していたローカルの若者3名にこの伝説の話を訊いてみました。


すると内1名が「知っています」と。

そのとき、自分自身に誓ったのです。「いつか、Sragenに行くぞ!!」 と。

(つづく)

◎インフォメーション

「オトコの夜遊びガイド:ジャカルタ編」から分冊化した「チカラン&ブカシ編」ですが、当初の想定以上にニードがあったようです。


ジャカルタに宿泊して、あのヒドい渋滞のなか工業団地まで毎日痛勤するよりも、ホテルも増えたチカランにご滞在されるほうが格段に楽ですものね。


黄金週間の最中に赴いたチカランは、さすがにご出張者が少なくてホテルもルコもモールも閑散としておりました。
20180510_162852

◎美女のささやき

チカランに登場した新店で、20歳の美形ネシアンに心も身体もほぐしてもらいました。


退室直前、尾根遺産が私にティプ サヤと囁きました。


「そらきた、チップの要求か?」と身構えて「何て言ったの?」とトボけてみたら「ミスター、アンダ ティプ サヤ・・・」と恥ずかしそうにのたまうじゃありませんか。


アナタは私のタイプです、と言ったのでした。


リピートしてもらいたいがためのリップサービスなのでしょうけれど、そうささやいたときの、彼女の瞳の輝き。。。


若干20歳の美女にそんなことを言われて、オジサンが嬉しくないはず、ありませんよね!


チップの要求は無し。微笑みを絶やさない、バグースな尾根遺産でした。

日系企業が多数進出している、ジャカルタ東部の工業団地

その方面のローカル風俗としては、以前にチビトンの赤線地帯を紹介しました。

今回はカラワンのローカル御用達SPOTです。

 

車がほとんど通らない場所で

チカラン=カラワン間の川沿いに延びるジャラン・カリマラン。

多くの車は近くの高速道を通行しますが、バイクが抜け道として愛用しています。

DSC_1049

平日の昼下がり、交通量はごく僅か。

そんなエリアを流れる川の両側に、ざっと20数軒の 【カフェ】【カラオケ】が数百mにわたって点在しています。

DSC_1050

昼過ぎでは当然、殆どがまだ営業前。

近くのワルンで休憩がてら、地元民に尋ねてみたら 「ABG、バニャ」(若い尾根遺産が沢山)、と言います。

しかし1軒1軒は建物自体が小さくて、どうみても「個室」は無さそう。

DSC_1052

つまり此処のカフェ群は、バリ島関連記事で以前、旧ブログに書いたCafe Cewekカフェ・チェウェの部類かと。

ワルンにいたローカル男性に「サナ, ミヌム サジャ?」(There, drink only?)と訊いたらそうだ、と言っていましたし。

お店の中でのエロは無くて、口説いて閉店後に連れ出すとか、連絡先を交換して別の日に逢引とか、そういう遊び方の場所ですね。
DSC_1051

起きたばかり(多分)で食事中の尾根遺産が店先にいた2ケ所で、車を降り料金を尋ねてみたら、どちらも45,000Rp(多分1時間)だと。

ちなみにそのとき実物確認できた4名の尾根遺産のうち、道側に半ケツを晒して食事中だった、やけに色白な尾根遺産がやや美形で、推定22~3歳、他は20代後半かと。

一介の旅行者では、アクセスも至難です。

もちろん、英語なんてNGです。

≪LCCユーザー様のコメント≫
いつも楽しく拝読しています。

この手のスポットは、おっしゃるとおりローカルの「聖域」だと思われ、我々がヘタに手を出すと秩序(笑)を乱しかねませんし、それを快く思わない輩(こういう所に出入りするわけですから、素性はお察しできるかと)の反感を買い、トラブルに巻き込まれる恐れもあると思います。

加えて衛生面、特に病気のリスクもありますので、場慣れした方であっても、遠巻きに見るだけにした方が良いかと思います。
ただまぁ正直なところ、個人的にはかなり興味ありますが(笑)


≪管理人の返信≫
ご指摘のとおりかと存じます。

間違ってもビギナー向けに「オトコの夜遊びガイド」に収録する情報ではないので
こうして公開した次第でございます。
あくまで見学程度に、それも自己責任でお願いするような場所ですね。


≪andy様のコメント≫
お久しぶりです。永住のつもりが最近日本に強制送還されました。

言葉が流暢な私は日本食レストランでウェイトレスといつも愛人契約交渉の話になりネシアでは金と時間と体力が許す限り女性に不自由しませんのであえてカリマラン沿い・カリジョド・アンケ周辺に立ち寄ってリスクを犯す気にはなりませんです。

クラシックかマリオ等で十分でしょう。40万(3千円強)あれば漫画ブサールで発散できますものね。チカラン周辺のスパもちょっと割高(70万)ですが十分遊べすし。

カラワンも随分KTVが増えましたね。。。買ったことないですが言葉の不自由な方は”オトコの夜遊びガイド”でネシア女性と是非楽しんでください。


≪管理人の返信≫
andy様、お久しぶりです。と思ったら、日本に戻られてしまったのですね。


>ネシアでは金と時間と体力が許す限り女性に不自由しません


あぁ、私もそういうセリフを吐いてみたいです!!
インドネシア語ができれば、楽しいことがたくさんできますよね。

今回は大ベテラン、N様から頂戴したジョグジャカルタの夜遊びレポートです。


◎N様の体験談

ジョグジャカルタ駅の近くで、置屋が点在する路地(GANG)を徒歩で探索。

バイクも降りて行かないと通れない道には怪しい人が点々と。


おばさん軍団が手招き。すると中近東顔した、ちっさいのを発見。

言い値500,000を300,000迄値切る。


手を持たれ部屋へ。嫌だ、此処の部屋は!


でもってホテル連れ込み交渉。


ここで様子見していた遣りてババァ登場。


色々交渉(省略)の結果、遣りてババァに200,000、終了後姫に200,000、それとリヤカーみたいな乗り物代40,000でホテルヘ。


トランジスター母音チャンでゴム★ェラーリ。


乳なめは積極的。30分で終了後、直ぐにババァから電話が鳴る。


まぁ良い経験でした。

チョコレートを帰りにあげたらすごい良い笑顔。

最初にあげておけば良かった。

20170504_103337

◎管理人からの補足

50⇒30、は流石のN様ですね。


過去に旧ブログで書きましたが、インドネシア語で話すと15~20万、英語だと50万が言い値なんですよね。


↑このページのトップヘ