アジアの尾根遺産【インドネシア分室】

ブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、インドネシア関連記事だけを移転させました。ただしバリ島とジャカルタは除きます。

Tag:体験談

今回はお久しぶりのHJ様による、カリマンタンの体験談です。


ちなみにインドネシア語で「カリマンタン」はボルネオ島全土を指しますが、英語ではボルネオ島のインドネシア領地域を表しています。


カリマンタン島といえば、オランウータンのイメージしか湧かないので、美女とは結びつかないのですが、実はマジ、めっちゃ美形な女子大生の実物画像も頂戴しております。


image4

ご無沙汰しております。HJです。
久しぶりに当たりを引いたのでお知らせします(笑)

 

◎フィッシング地点は

インドネシアの地方出張が多いので、現地に行くとwechatとかTinderを立ち上げて、どんなもんか状況を見ることが多いのですが、西カリマンタンはポンティアナックにて、下の写真のとおりの女子大生が引っかかりました。


最初はあまり興味がなさそうだったのですが、今回の出張で改めて誘ってみたところホテルに来るというので呼んでみました。


来る前から「写真を送れ」だの、色々と探りを入れてきたので、だったら来なくていいと突っぱねたら、それでも来るというので、業者とかではないかなとある程度予測がつきました。


業者の場合、ここで来なくなることが多いので。

naoshi

 

◎出会い系アプリあるある?

ただ、写真のとおりの可愛い子が来るかどうかはわからないですし、期待せずに待っていたんですが、写真通りのかわい子ちゃんがやって来ました!


顔の肌は若干残念でしたが、150~155cmくらいの小柄ながら、程よい肉付きの身体、大きく弾力のあるオッパイと文句なしのビジュアルに、話していても気さくで、まさに普通の女子大生という感じでした!


ビジュアル・スタイルともに間違いなく、約5年間のインドネシア生活でNo. 1です。

以前からお願いしてた通り、ジルバブつけたままエッチなことさせてくれましたし(アラーに怒られるw)、何より23歳というピチピチの身体を堪能させていただきました!


最中の写真は無理でしたけど、下着姿は平気で撮らせてくれましたww

image2


1,000,000という約束でしたが、満足したので1,200,000あげて終わりました。


プレー自体はごくごく普通でしたが、後背位が好きらしく、いきなり後ろからスタート!


自分は普段正常位から段階的に変えて行くのでリズムが狂いましたw
近いうちに理由をつけてまたポンティアナックに行きたいと思います!

 

◎管理人より

HJ様ぁぁ、うらやまし過ぎますよぉぉぉ~~~!!!

こんな美人女子大生がお相手なら、1jutaくらい払いますって。


あまりにタイプな尾根遺産なので、顔全体がわかる画像も公開したいのはヤマヤマなんですが、さすがにシモの記事に素人さん?の実物はマズいだろう、と考えている次第です。


旧ブログに以前アップした、同じくインドネシアでのY様による素人フィッシング体験談のときは、修正画像だけにしましたからね。


でも、読者様も実物をご覧になりたいでしょうから、リンクはせずに昨夜、旧ブログに他の画像とともにアップしておきました。


それから「ジルバブつけたままエッチ」、、、、なんて不謹慎、いや、なんて羨ましいコスプレ!!(怒られるかなぁ)

コレは思いつきませんでしたぁ~。私も一度、やってみたいですぅ!


≪管理人より≫

このアーカイブ・ブログの記事は今回が最後となります。

お越しいただきました皆さま、ありがとうございました。

今回の体験談は、チカラン&ブカシ編には収録済みなのですが、工業団地方面の風俗を精力的に開拓していらっしゃるS様からです。

◎SPAに入店

入るとすぐに小さなカウンターがあって、そこで番号札を受け取ります。中に入ると小さなバーがあり、ママに「女の子を選べ」と言われます。女の子はパソコンとタブレットから見れます。


その時選べたのは約10人程度でしょうか?


写真では可愛い子がたくさんいましたが、選ぶ事が出来たのはそれほど可愛くない子ばかりでした。


予約も出来るので、お気に入りが出来たら予約したほうが断然良いでしょう。


ママがやたら推してくる、まだ新人のそれほど可愛いように見えない子を選びました。


まず、ママからシャワーを浴びるか?と言われたので案内された場所に行くと、大きめのジャグジーとシャワーブース、サウナがありました。

◎ファシリティ

まだ新規店と言う話でしたが、内装はあまり綺麗ではありません。


明らかに着替えてから入るスペースのようだったので戸惑っていると、「あっちで着替えてこい」って言われたので、そこにいくとロッカールームになっていました。

良く見ると、番号札にはロッカーの鍵がついていました。


そこで備え付けの服に着替え、シャワーを浴びに行くとシャワーの出も悪く、配管に穴があいていて、隣のシャワーブースに3割ぐらい水が飛んでいっていました。

ジャグジーに入ることも考えましたが、入浴剤なのか、ただ汚いだけなのか、少し水が緑がかっていたので止めました。


シャワーを浴び終わると二階に案内されます。

ここまで、一度も料金・システムの説明は有りませんでした。


私は事前に聞いてたのでそれほど怖くはなかったですが、初心者では不安になるかもしれません。


たぶん、聞けば教えてくれると思いますが、英語通用度が非常に低いためインドネシア語が出来ないとわからないかもしれません。


部屋の前で尾根遺産が待機してます。

ドアがなくカーテンだけです。


部屋の間仕切りは、壁が有りますが、一部隣の部屋と繋がっているので(おそらくエアコンを共用するため)、声は丸聞こえです。
20180510_162852

◎サービス

尾根遺産は、ほぼ写真通りのあまりかわいくない子でした。

肌は濃い褐色。かつての経験の中では一番黒い子です。


部屋の奥にはシャワーがあります。板張りの床に薄いマットが敷いてあります。そして、若干カビのような匂いもします。


全部脱ぐように言われて、うつ伏せになり、施術スタートです。


シアツからはじまり、クリームを使ったマッサージです。終始話しかけながらしっかりやってくれます。強さは少し弱めですが、そこそこ上手です。


最後に際どい部分をマッサージしてきたところで、続きもするか?と言われ、追加で300,000rp と言われました。


プレイ自体はいたって普通。

なぜか、スカートだけは脱ぎませんでした。

終わったあとは、部屋でもう一度シャワーを浴びて終わりました。

最後に受付で150.000払っておわりです。

料金は聞いていたとおりで、特に揉めることも無かったです。

 

◎管理人の感想

S様、新規開拓お疲れ様でした。

今回の本番マッサージ店はファシリティ的にハズレ、ですね。


私も何度も経験がありますけれど、風俗の新規開拓にハズレはつきもの。その手間をかけずに済むように、と「オトコの夜遊びガイド」があるわけです。

さて、今回はインドネシアにご出張されたある方の、ユニークな体験談を紹介します。

邦人ビジネスマンも数多く宿泊する、某高級ホテルでの出来事。(伝聞です)

indonesia-1358747_640

◎床屋で何が?

ホテルに併設された床屋(普通の散髪屋)にカットをしに入店。

担当はちょっと太めの、若くはないオバちゃん。


そのオバちゃん、店内に他にも客がいるのに、カットしながら身体をスリスリしてきたそう。


で、先客が退店したら、オバちゃんが徐にお店のブラインドを下ろして「エ★チしよっ? しよっ? しよっ!」 と。


ヤリたいっ! という欲求がヒシヒシ伝わり、相手がオバちゃんなのに、愚息が反応。


「シャワーもまだ浴びてないよ!」と言ったのに、愚息を取り出されてむしゃぶりつかれ・・・その口技テクがまた、絶妙だったそう。


当然、本番のお誘いがあったものの、それは固辞して、オバちゃんの口内に発射!


お優しいご出張者様は、オバちゃんに散髪代+毛染め代+スペシャルで、40万Rpを払って店を後にされたそうな。

 

◎管理人の感想

もし私が同様の状況に遭遇したら、例え相手がオバちゃんであっても、誘惑には勝てないでしょうね。


本来、する場所じゃないところで、ハプニング的にヤってしまう・・・

そういうエッチって、置屋で若い娘と「当然のように」するよりも個人的には興奮しますね。

今回の体験談はバタム島。

いつも貴重なジャカルタ情報を下さる、だるまわんさ様から頂戴いたしました。

◎現在の相場

久々にバタム島に行って来たのですが、平日ということもあり女の子のクオリティも悪くなかったです。


ただし、値段は相当に上がっていました。

Gold Bird(旧Sedona)ですら800,000IDR~1.4jutaという感じです。


DSCN0222

ここのPAPIとは長年の顔なじみなのですが、シンガポール・ドルでの値段ベースでは、7~8年前から比べて値段はあまり上がっていないはずだ、とのことでした。


確かにそうなのですが、日本人にはより遊びにくい場所になったようです。


19歳の娘を一番在庫が多かったHAPPY Massageで調達しましたが、1.4jutaでした。(下の画像の娘です)


GFEがとてもあり、小柄(145cmくらいか?)で可愛くて良い子でしたが、一晩中3発ヤッたとしても、1.4jutaは高いよな~と思わざるを得ませんね。


でも、ロング派にはより遊びやすい(選びやすい)状況になったかと思います。


店は11:00AMからオープンしており、翌朝7:00AMに帰るので、その間はじっくりと楽しめます。
daruma

◎朗報

インドネシア語が出来る場合は非常に楽しく遊べますし、そうでない場合も最近の教育のおかげか、英語が出来る娘が増えたように思えます。


バタムの定説では、タクシードライバーと一緒に行くとコミッションが上乗せされているとのことでしたが、1人で歩いて行っても、車で行っても、タクシーで行っても値段は同じだそうです。


これは以前は変えていたのですが、お客と揉めたため、一律の値段にしたそうです。


店によりドライバーへのキックバック額は異なり、60,000Rp~200,000Rpとのことです。


また、最近の動きについて色々な店のパピーに聞いた所、「バタムが潰れる時はシンガポール人が来なくなった時だ」、ということだそうで、まだまだ暫くは問題なく遊べそうです。


ですがクオリティや色んなコストを考えると、若いシンガポール人もゲイランで済ませる事も増えてきたそうで、古くからの店は廃業して大型店(~120人在籍)に集約化が進んでいるとのことでした。

 

◎管理人の感想

だるまわんさ様、ありがとうございました。

単独で行ってもドライバーと行っても値段が一緒、というのは有難いですね。出かけ直す手間が省けます。

≪kecabulan様のコメント≫
シンガポールから近いですから行く価値なしです。
リアウ諸島はもっとおもしろい所があります。


≪管理人の返信≫
ネームから推察して、現地語にも通じたベテラン様とお見受けいたします。

リアウ諸島、とするとカリムンでしょうか。いずれにせよ私もバタム以外は未経験です。


≪ヒックマン様のコメント≫
連休に、シンガポール、ジョホールバル、バタム島へ行きました。

どれも初経験(マレーシア、インドネシア自体もそうでした)で、今回は清く正しい旅でしたので、そちらは関係しませんでしたが、ゲイランでは、唾を吐く人間、タイムリミット以降も堂々と酒が売られていて、なるほどここはシンガポールでの治外法権の部分があるのだなと思いました。

宿代も安いし、次にシンガポールへ行くときは、ここで遊ぼうと思いました。


ところでゲイランで、かなり大胆な服を着た女の子がいて、あ、あっちの系統? と思ったら、女の子が私に微笑んで、それからしばらく中年男性(ポン引き?)が私に付きまといました。

私の好みでしたので、朝とはいえ話をしてみてもよかったのですが、今回は時間がないので涙を飲んで関係しませんでした。


いずれにせよ尾根遺産に興味が出てくると旅の幅が広がるのは確かだと思います。これからも様々な貴重な情報よろしくお願いします。


≪管理人の返信≫
そうですか、せっかくのジョホールバルもバタムも夜遊びなしですかぁ~。

ゲイランは確かにシンガポールのなかの「特区」みたいなものですね。

磯仁様の初バタム島体験談、続きです。


◎カラオケ屋 


マッサージ終了後に反対側にあるKTV「AliShan」を覗いて見ました。
中庭のようなスペースをぐるりと囲むようにカラオケ室があります。

入口カウンターにて、一人英語が出来る鳩山夫人似の女性からシステムを教えて貰います。


1)まずは娘を選んでからカラオケを楽しんで、中で気に入った娘がいたらその娘と交渉の上OKなら連れ出しが出来るとのこと。


カラオケ室料  70,000Rp/1h
娘を侍らせる代 250,000Rp
飲み物代 別途要


2)カラオケをしないでいきなり連れ出すことも可能だそう(booking)。

この場合、事前に店側が連れ出し可能かどうかをあらかじめ娘らに聞いて、連れ出し可能な娘らだけをショーアップして呉れるそう。1,100,000Rp/オールナイト。


中庭のようなスペースにあるテーブルには、ドレスアップした娘らが三々五々といくつかのグループに分かれて座っていて、皆スマホやらをいじっております。

見た目は皆若くスリムで年は20代前半でしょうか。

システムを聞いている最中にも若い男性グループが何組か入店して来ました。

グループが部屋へ入るとすぐに掛け声が掛り、娘らが一斉にぞろぞろと部屋へ入りショーアップしています。

行ったのはほぼオープンしたばかりの時間なのですが、こちらもなかなか盛況なようです。営業時間 pm8:00-am02:00

IMGP0508

◎Dynasty99


夕方覗いて見ました。店の入口を覗いていると、横に居た客引きがすかさずドアを開けようとするのでそれを制して一人で入ります。
これで紹介料とか取られても嫌ですしね。


中へ入ると暗い店内には娘の歌うカラオケが響いておりました。
直ぐにウェイトレスが出迎えてくれましたが、見渡すと他にお客は誰もおらず。

見ると一番奥のテーブルにカラオケ嬢が3人固まっているだけでした。

そちらを見るとひとりが「hello!」と声を掛けてくれますが、暗い中、娘の顔は良く見えません。
これではちょっと楽しめる雰囲気ではなかったので即退散。


店を出ると先程入店前にいた客引きがしきりに、自分のバイクで他を案内すると言ってきます。
歩くからいらないと言ってもずっと後ろをついて来て中々離れません。


他にもバイタクからはホテルの正面やら角やら、さらには走っているバイクからも声を掛けられます。

まあ、それ目当ての観光客ではあるのですが、さすがにしつこいのにはうんざりします。


◎harmoni hotel 界隈のbar街


ハルモニホテルへ移動、このホテルの横には十数件のbarが連なっておりました。

中にはオープンスタイルのBARもありましたが、多くはドアが付いていて中が見えないスタイルのお店で、ちょっと開けて覗くのには勇気が要るかも知れません。


お店の外のテーブルにはそれぞれ娘らが何人か腰かけております。
通りを歩くファランらには黄色い声を掛けていましたが、こちらにはあまり声を掛けてはくれませんでしたね。


◎LUSY’S


通りの一番奥の突き当たりにありました。
ドアを開けると中央にカウンター、左奥にプールが一台、他にお客は居らず、
お店の娘が二人ビリヤードに興じていました。


踵を返して帰ろうとすると、娘のひとりがビリヤードを止めて腕を掴んで引き留めてくれます。
嬉しいのですが、いかんせんお顔が・・・・にこっと笑って退散です。


◎Chilli Bar


ハルモニホテルの直ぐ横、半分オープンになっているbarで入り易そうだったので入店。入口に座って居た娘がすぐに中へと案内して呉れます。


まずはビールを1本。既にカウンターにはファランのお客が数名、娘を侍らせて楽しんで居りました。

ここはパタヤやプーケットなどでのbar beer遊びに慣れた方なら楽しめる感じでしょうか。さすがにファランのお客が多いせいか、どの娘も英語が通じます。


最初に案内して呉れた愛想の良い娘に飲み物を奢ってあげてまずは乾杯、こちらのお店のシステムを聞いて見ます。
お店はpm3:00-am3:00まで営業ですが、お客がまだいる場合にはam7:00まで営業するそう。


ちなみにこのお店も当然ながら娘も売りにしているようで、お店で2,000,000Rp飲んだら!(使ったら)お店にいる娘の中から誰でも好きな娘を連れ出せるのだそう。

但し娘には別途お礼が必要だそうです。


相手をして呉れた娘(29才。10才の子持ち、スマトラからの出稼ぎ)曰く、私は今夜am3:00に仕事が終わるので、その後だったらお店にお金(bar fine)を払わずに済むから、とのお誘いがありました。


まあ笑って遠慮した次第ですが、この娘の他になかなか若くて美形の娘も何人かおりましたね。

ちなみにこのお店のオーナーはこの界隈に計15軒もbarを持っているそうで、娘は斜め奥のcandy barを指差して、あそこもそう、あっちのお店もそうだと言います。


ちなみにフォルモサホテルからここ、ハルモニホテルまでのバイタク(オジェ)代は当方20,000Rpで来ましたが、地元民なら10,000Rpだそうです。

最初に声を掛けてきたドライバーは50,000Rpでした、もうぼったくりですね。


barスタイルのお店では飲みながら娘を品定め出来ます。
娘のドリンクは1杯 40,000Rpで、あまりしつこいドリンクの要求はありませんでしたが、時間中に連れ出すのには別途お金が必要な点がネックでしょうか。


バタム島、ここは女護ケ島か?と期待して来て見たのですが、実際には二線級の娘の働き場所で、しかもプレイスポットがそれぞれ離れていてちょっと遠いこと。


もしもシンガポールへ来たついでにちょっと、と言うのならともかく、ジャカルタに比べて娘の質、コスパなどを考えるとわざわざここを主目的に出向く程では無いな、と感じた次第です。


=========

磯仁様、短いご滞在にもかかわらず多くの店舗レポート、ありがとうございました。


インドネシア尾根遺産の質で申すならば、ジャカルタの圧勝なのはバタム島でもバリ島でもスラバヤでも、みな同様です。


ロングのコスパがバタム最大の売りだったと私は認識しておりますが、今のレベルですと、コスパの点でもどうなんでしょうね。

↑このページのトップヘ