アジアの尾根遺産【インドネシア分室】

ブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、インドネシア関連記事だけを移転させました。ただしバリ島とジャカルタは除きます。

Tag:マッサージ

バンコクを後にされたH様はその後、バリ島⇒スラバヤ⇒ジャカルタと行脚されました。ジャカルタでは何と、あの線路脇置屋群(画像)にもトライされたそうです。

◎バリ島・スラバヤにかつての姿は

バンコクではヤワラートの立ちんぼに名残を残し、次にいよいよ自分の第二のホームグラウンド(もちろん第一は日本)であるインドネシアに入国。


まずはバリ島のJl. danau poso辺りの番号置屋を周る。8万ルピアでバイクを借り出発。


20年前は本当に多くの番号置屋やホテルがあり、値段も10万ルピアを下回る安さ。ところが、今や最低でも25万ルピア。


ウオーっと思うcantik(カワイイ)なcewek(尾根遺産)もいなくなった。


次に行ったスラバヤも、ドリーが無くなった今、魅力がなくなった。ここはジャカルタに賭けるしかない。
20180512_184931

◎コタインダーの変化

ジャカルタに到着、真っ先に行ったコタインダーのディスコ置屋群。

レベルが高すぎる。Cantik、Ramping(スリム)、Muda(若い)三拍子揃ったcewekが何人も・・・。


そこで遊んだ18歳のバンドゥン出身のcewekに聞くと、「インドネシア人は細身でスラっとした長身の私みたいな子よりも、オッパイの大きいmontok(ふっくら)な子を好んで、私みたいな子は日本人しか遊んでくれないの」と言うではないか。なんともったいない!


更に聞くと、「ここはsepi(寂しい)なので他に移るのよ」ということである。今考えると電話番号くらい聞いとけばよかった。


ただ、ここもインフレが進んで、38万ルピア。

 

◎H様からの補足情報

コタインダー全店、今まで金魚鉢だったのがカウンターになっていて、近くでじっくり品定めができるようになっていました。


「Biskah berciuman?」(キスできますか?)とか「Kamu beragama apa?」(あなたの宗教は?)など会話ができるので、ハズレにあたりにくいです。


*イスラムだと女の子はクリトリス(intil)を切り取られて感じにくく、すぐgeliとか言う。

◎スラバヤのローカル用風俗は

H様に「オトコの夜遊びガイド:スラバヤ編」で推奨してきたエリアの様子を伺いました。


一店舗に5,6人、25万ルピアでした。

レベルは、30代でmontokの子が多く、キスやクンニOKの子が多くサービスもよかったです。


補足しますと、スラバヤのこの商業区画には、☆番オプションが標準のマッサージ置屋が複数軒あります。


しっかりマッサージもしてくれたうえで、シャワーもあって、トータルで25万ですから、ジャカルタの置屋長屋並か、それ以上のコスパなんですね。

今回はジョグジャカルタの置屋での、私自身のエピソード。もう1年近く前の話になったので、そろそろブログに書いてもいいかな、と。

◎望外の“当たり”

ジョグジャカルタを再訪したその日の晩。スラゲン遠征を翌日に予定していたので、タクシーに聞き込みしたのは過去記事のとおり。


かつて訪れたジョグジャカルタの置屋を再訪しようと、そのタクシーのなかの1台に向かわせました。歴代屈指の名器だった彼女に再会できれば、と。しかし、再会は叶わず。


「他に知っている置屋は?」

タクシーが向かった先にあったのは、見るからに民家。しかしもう、営業はしていないと。


「ダンナ、もう1ケ所ありますから」と運転手。

着いたのは某ルコの一角で、マッサージ店に偽装した置屋でした。


店先にいたのは、見た印象で20歳前後の美形女子大生。ジョグジャカルタは「学生の街」でもあるので、店番かな?と。


ところが、なんとその彼女が置屋嬢だと言うじゃありませんか!

運転手が私に目配せします。「コイツをゲットしろ、上物だ!」と。


たしかにジャカルタのトラベルやクラシックにいても、日本人客が列をなしそうなほどの可愛さです。

 

◎ブロガー魂?の発揮

彼女の言い値は50万Rp。ジョグジャカルタの置屋としては適正相場です。その標準価格で、こんな若くてキレイな尾根遺産とデキるの?


そのとき、ふと思いついたのです。ブロガーの習性なんでしょうね。


自分のホテルにテイクアウトするのが普通ですが、ここはマッサージ店に偽装している置屋。だったらプレイルームがあるのでは?その室内がどうなっているのか、記事としてはその方が面白いかな、と。


「往復する時間、もったいないでしょ?此処で出来る?」と訊いてみたらOKだと。

20170502_230711

◎ルックスは抜群だけど

通されたのは画像の部屋。マッサージの施術部屋というより、むしろ女子大生の下宿部屋という印象。


だって普通のベッドだし、カバーの柄はご覧のとおりだし。棚は子供向けアニメのキャラ。それにエアコンも扇風機もない部屋でしたから、ここで施術はあり得ないでしょう。

20170502_230733


案の定、素性を探ってみたら、地元の大学に最近まで通っていたという尾根遺産。自称20歳。この仕事はまだ、始めて1ケ月だと。

20170502_230722


水回りもご覧の有り様。マッサージ店に住み込みしている女子大生の部屋にお邪魔している気分に。ここでひとり、身体を清めます。


シャワーを終えた彼女のバスタオルをそっと剥がすと、可憐なお顔にふさわしいBカップが現れました。揉み甲斐はありませんが、チロチロと舌で刺激してみます。


しかし彼女は全くの無反応マグロ!(涙


しかも携帯で音楽を流していたばかりか、文字通りひっきりなしのメッセージ着信音?で集中できません。


プレイとしては完全にハズレでした。それでもFINISHでき、満足感もあったのは、彼女がそれだけ「ルックスは上玉」だったからです。


あれから1年近くなので、もうあの置屋では働いていない可能性が高いと思います。だって、あれだけの美人なんだから、就職先は他にいくらでもあるでしょう。

今回はH様のスラバヤ/ドリーの近況です。画像もH様から頂戴した今月のものです。

 

◎思い返せば

私がドリーを知ったのは十数年前、Gダイアリー「風俗開放戦線」猫巻師匠の記事。

当時の謳い文句が“東南アジア一の規模の赤線地帯“。


道を通れば、そこらじゅうのポン引きから「マスッ(お兄さん)」と呼び止められ、賑やかな様相だったらしい。

その記事を読んで、いてもたってもいられず、覚えたてのインドネシア語を磨き、いざドリーへ。

surabaya-dolly-street

記事の通り一発80,000ルピア。「murah meriah(めっちゃ安い)」と思わず声が出てしまった。


当時、尾根遺産たちはスレていなく、チップも要求しない。

おまけに田舎から出てきたばっかしの純情な子もいて、やり終えて寝ているとギュッと抱き着いてくる。

 

◎一縷の望みを抱いて

あれから10数年、ドリーは閉鎖されたが、「もしかしたら復活しているかも!」と期待をしながら今回再訪。


いつもの定宿メトロホテルにチェックイン後、クドンドロのDUTAでマッサージ。夜9時になって、いざドリーに出発。

surabaya-dolly-street2

いよいよドリーに到着。前回の調査と変わらず道が暗い。

あの金魚鉢があった店は廃墟と化し、道を歩けばおやじたちがチェスやポーカーにふけっている。


更に路地裏に進むと、遠くからむなしくダンドゥットのリズムが聞こえてくる。

 

◎遊べなくはないけれど

道端に座っているおやじたちから、ひっきりなしに女遊びのお誘いがあるが、値段を聞いてビックリ!の35万ルピア。


道端に座っているのを見ると合格点には程遠い。警察への袖の下が入った値段なんだろう。

 

◎声をかけてきたのは

surabaya-dolly-street3

そうこうしているうちに元メインストリートに。今までになかった公園が建設されていた。

その傍でたむろしていたchew学生くらいの女の子が突然声をかけてきた。まさか!!!

surabaya-dolly-street4

「おじさん、写真撮って!」

ポーズをとっていたので思わずカシャリ。


ということで、今回も復活ならず残念。ドリー壊滅後も細々と続けていた深夜営業のカリマンタンも閉じていた。ここはもう何もない。


昔は、歩けばタクシーやオジェの運転手が声をかけてきたものだが、今は皆無。歩いてメトロホテルまで帰ることに・・・。

アメリカやカナダなど先進国は風俗を開放しつつある中、アジアでは逆風が!昔のよき文化の復活を望むばかりである。

 

◎管理人から補足

>ここはもう何もない


この短い文に、H様の無念が凝縮されているように感じました。


>先進国は風俗を開放しつつある中


そうなんですよね。前にも書きましたが、飾り窓で有名なオランダのアムステルダムでは、同地域に売春ミュージアムを作って公開しています。スイスでは市が管理する売春宿があります。


つまり、行政が「認めて」いるわけですよね。

アジアで、風向きが変わるのはいつ?

今回の体験談は、チカラン&ブカシ編には収録済みなのですが、工業団地方面の風俗を精力的に開拓していらっしゃるS様からです。

◎SPAに入店

入るとすぐに小さなカウンターがあって、そこで番号札を受け取ります。中に入ると小さなバーがあり、ママに「女の子を選べ」と言われます。女の子はパソコンとタブレットから見れます。


その時選べたのは約10人程度でしょうか?


写真では可愛い子がたくさんいましたが、選ぶ事が出来たのはそれほど可愛くない子ばかりでした。


予約も出来るので、お気に入りが出来たら予約したほうが断然良いでしょう。


ママがやたら推してくる、まだ新人のそれほど可愛いように見えない子を選びました。


まず、ママからシャワーを浴びるか?と言われたので案内された場所に行くと、大きめのジャグジーとシャワーブース、サウナがありました。

◎ファシリティ

まだ新規店と言う話でしたが、内装はあまり綺麗ではありません。


明らかに着替えてから入るスペースのようだったので戸惑っていると、「あっちで着替えてこい」って言われたので、そこにいくとロッカールームになっていました。

良く見ると、番号札にはロッカーの鍵がついていました。


そこで備え付けの服に着替え、シャワーを浴びに行くとシャワーの出も悪く、配管に穴があいていて、隣のシャワーブースに3割ぐらい水が飛んでいっていました。

ジャグジーに入ることも考えましたが、入浴剤なのか、ただ汚いだけなのか、少し水が緑がかっていたので止めました。


シャワーを浴び終わると二階に案内されます。

ここまで、一度も料金・システムの説明は有りませんでした。


私は事前に聞いてたのでそれほど怖くはなかったですが、初心者では不安になるかもしれません。


たぶん、聞けば教えてくれると思いますが、英語通用度が非常に低いためインドネシア語が出来ないとわからないかもしれません。


部屋の前で尾根遺産が待機してます。

ドアがなくカーテンだけです。


部屋の間仕切りは、壁が有りますが、一部隣の部屋と繋がっているので(おそらくエアコンを共用するため)、声は丸聞こえです。
20180510_162852

◎サービス

尾根遺産は、ほぼ写真通りのあまりかわいくない子でした。

肌は濃い褐色。かつての経験の中では一番黒い子です。


部屋の奥にはシャワーがあります。板張りの床に薄いマットが敷いてあります。そして、若干カビのような匂いもします。


全部脱ぐように言われて、うつ伏せになり、施術スタートです。


シアツからはじまり、クリームを使ったマッサージです。終始話しかけながらしっかりやってくれます。強さは少し弱めですが、そこそこ上手です。


最後に際どい部分をマッサージしてきたところで、続きもするか?と言われ、追加で300,000rp と言われました。


プレイ自体はいたって普通。

なぜか、スカートだけは脱ぎませんでした。

終わったあとは、部屋でもう一度シャワーを浴びて終わりました。

最後に受付で150.000払っておわりです。

料金は聞いていたとおりで、特に揉めることも無かったです。

 

◎管理人の感想

S様、新規開拓お疲れ様でした。

今回の本番マッサージ店はファシリティ的にハズレ、ですね。


私も何度も経験がありますけれど、風俗の新規開拓にハズレはつきもの。その手間をかけずに済むように、と「オトコの夜遊びガイド」があるわけです。

今回はお馴染みWFR様のバタム島遠征記です。
私はすっかりご無沙汰ですが、最近は?


5:32発のMRT始発でハーバーフロントへ移動しました。


まだチケットオフィスが開いていなかったのですが、なるべく早く移動しようと、7:40発のバタムセンター行きチケットを片道で購入、フェリーターミナルの両替所で両替しました。(SGD100→IDR950k)


後で気づいたのですが、かなりレートが悪いです。バタム島の街中の両替所でSGDを両替するのが正解のようです。


出航してから約1時間で到着。タクシーでホテルへ移動しました。70k。


アーリーチェックインをお願いしたところ、ツインルームならOKということでチェックイン。

フロントで、レンタルバイク屋があるかどうか聞いたところ、ベルボーイが個人的に貸してくれることになり、1日100kで借りることにしました。

Dinasty

ご飯食べて、置屋巡りを開始。
ネットで見た看板を見つけても全てクローズ。

自力で探すのを諦め、Dynastyの前にいた、自称「味の素」といっていたバイタクオヤジに先導を依頼しました。


2軒目でとりあえず決定。値切ったがロングで1M。ほかの場所も回ってもらいましたが、なかなか厳しいレベルでした。


部屋に戻ってシャワーを浴びて、ビールでも飲むかとホテルのレストランに入ったら、ビールは無いと言われたので、近所のバーエリアのパブで軽く飲 んでいました。


女性がホテルに来訪。結構事務的。さっさと2回済ませたところで、今後は追加料金が発生すると言われたので、帰ってもらうことにしました。


近所を散策し、健全マッサージ屋に入ったところ、若いですが好みのタイプでなく、しかも愛想が悪い。
また、マッサージの技術もいまいちでした。スペシャルのお誘いがありましたが、お断りしました。


時間があるので、バーエリアで飲むことにしました。
1軒目は19歳、2軒目は20歳の結構可愛い子がいたが、英語がダメ。翻訳ソフトで会話するも、なかなか厳しい状況でした。


3軒目で英語ができるお姉さんに会って、いろいろ話を聞いたのですが、前日から寝ておらず、さすがに疲れたので、帰って寝てしまいました。


DSCN0201

次の日は早起きしてバイクでハーバーベイへ。フェリーターミナルでチケットを買おうとしたら、バタムセンターから入ったので、ビザなしだとバタムセンターからしか出国できないとのこと。残念。
結果的には往復購入が正解でした。


置屋巡り開始。朝早かったので、どこも人数少なめです。
何軒か回ってみて、愛想がいい子で決めました。ロングで1Mでした。


バイクで一緒にホテルに戻りました。
いい感じだったのですが、2回済せたら、帰りたいと言ったのでそのまま帰しました。


バイクで散策を再開。なんとなく土地勘が分かってきたので、自力で何軒か入ってみました。


夜から営業の店は、部屋で女の子が寝ているので、わざわざたたき起こして中を見るのは、かなりシュールな感じです。


ある店で写真を見せられて、かなり美人な感じだったので、いったん出かけて戻って現物確認した結果、良かったのでブッキング。
ショート500K、 ロング1Mだったので、ロングを選択。


戻ってシャワーして、バーエリアを飲み歩きました。
結構みんな愛想がよくて、だらだら楽しく飲めました。


約束の時間になったので、ホテルに戻って待っていると、置屋のおじさんと代わりの女の子が来て、ブッキングした子は急に病気になったのでこの子で どうだとのこと。


お断りして、そのまま返金してもらいました。急な生理か他の予約が入ったのだと思われます。


再度出かけることに。近所にいたバイタクで再度置屋巡り。
中国系がいたので、試してみることにしました。ロング1M


部屋に行くと愛想が悪く、気分が乗らなかったので、2回目済ませてさっさと帰ってもらい、そのまま寝てしまいました。


DSCN0230

今回、バイクで自力で回ったので、いろんな置屋の名刺を集めてきました。
摘発とかもあるようで、開店・閉鎖を繰り返しているようです。


ただし、置屋遊びは思ったほどコスパは良くない感じです。私に選球眼がなかったせいかもしれませんが・・・


フードは、ミーゴレン、ナシチャンプルがメイン。
中心街のINSTAR HOTELの食堂内にあったバクテーが美味でした。


バーエリアはまったりできていい感じでした。ビール1本はレストランで20k、バーで30-40K。LDも同額でした。
若い人は英語ができないので、会話に苦労したのが難点です。


ホテルはきれいでしたが、街はごみごみしており、決して衛生的ではありません。

初めてだったので、結構授業料を払った気がしますが、なかなか面白い滞在でした。とはいえ、再訪するかどうかは微妙ですね。

いろいろアドバイスありがとうございました。

  ~  ~  ~

WFR様、相変わらずのタフネスぶりですね。


ところでポン引きの自称「味の素」って、私が最後にバタム遠征したときの輩と同一人物ですかね?


それともコチラが日本人とわかると、ヤツらは「味の素」と名乗ればいい、と思いこんでいるんでしょうか?



≪だるまわんさ様のコメント≫
去年行ったきりですが私が行った時も、やはりめぼしい娘は1JT以上という感じでしたね。

ここまで値上がりしたのもシンガポールドルに依存した経済圏であるので、致し方ないと思いますが、やはりロング28万ルピアの時代は遠くなったなと感じましたね。

最近の若いシンガポーリアンはあまりバタムに遊びに来ないらしいので、そういう点もマイナス要因なんですかねぇ…


≪管理人の返信≫
だるまわんさ様、いつもありがとうございます。


ロング28万の時代をご経験済のだるまわんさ様は相当なベテランでいらっしゃるのですね。

↑このページのトップヘ