アジアの尾根遺産【インドネシア分室】

ブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、インドネシア関連記事だけを移転させました。ただしバリ島とジャカルタは除きます。

Tag:バンドゥン

バンコクを後にされたH様はその後、バリ島⇒スラバヤ⇒ジャカルタと行脚されました。ジャカルタでは何と、あの線路脇置屋群(画像)にもトライされたそうです。

◎バリ島・スラバヤにかつての姿は

バンコクではヤワラートの立ちんぼに名残を残し、次にいよいよ自分の第二のホームグラウンド(もちろん第一は日本)であるインドネシアに入国。


まずはバリ島のJl. danau poso辺りの番号置屋を周る。8万ルピアでバイクを借り出発。


20年前は本当に多くの番号置屋やホテルがあり、値段も10万ルピアを下回る安さ。ところが、今や最低でも25万ルピア。


ウオーっと思うcantik(カワイイ)なcewek(尾根遺産)もいなくなった。


次に行ったスラバヤも、ドリーが無くなった今、魅力がなくなった。ここはジャカルタに賭けるしかない。
20180512_184931

◎コタインダーの変化

ジャカルタに到着、真っ先に行ったコタインダーのディスコ置屋群。

レベルが高すぎる。Cantik、Ramping(スリム)、Muda(若い)三拍子揃ったcewekが何人も・・・。


そこで遊んだ18歳のバンドゥン出身のcewekに聞くと、「インドネシア人は細身でスラっとした長身の私みたいな子よりも、オッパイの大きいmontok(ふっくら)な子を好んで、私みたいな子は日本人しか遊んでくれないの」と言うではないか。なんともったいない!


更に聞くと、「ここはsepi(寂しい)なので他に移るのよ」ということである。今考えると電話番号くらい聞いとけばよかった。


ただ、ここもインフレが進んで、38万ルピア。

 

◎H様からの補足情報

コタインダー全店、今まで金魚鉢だったのがカウンターになっていて、近くでじっくり品定めができるようになっていました。


「Biskah berciuman?」(キスできますか?)とか「Kamu beragama apa?」(あなたの宗教は?)など会話ができるので、ハズレにあたりにくいです。


*イスラムだと女の子はクリトリス(intil)を切り取られて感じにくく、すぐgeliとか言う。

◎スラバヤのローカル用風俗は

H様に「オトコの夜遊びガイド:スラバヤ編」で推奨してきたエリアの様子を伺いました。


一店舗に5,6人、25万ルピアでした。

レベルは、30代でmontokの子が多く、キスやクンニOKの子が多くサービスもよかったです。


補足しますと、スラバヤのこの商業区画には、☆番オプションが標準のマッサージ置屋が複数軒あります。


しっかりマッサージもしてくれたうえで、シャワーもあって、トータルで25万ですから、ジャカルタの置屋長屋並か、それ以上のコスパなんですね。

今回紹介いたしますのは、pin様から頂戴しました今年夏のジャワ島各地の状況レポートです。

CIMG3071

★ブカシ、チカラン


東部でもスタバもあるしホテルも十分に整っています。
しかし風俗関連に変化が。

SPAや高級クラブは健在です。日本語話せる女もちらほらいます。これらはbanyak(たくさん)とタクシーが言っていました。


ところがBAR街はほぼ壊滅のようです。ブカシでは告げると表情が曇るタクシーやオジェばかり。


チカランでは川沿いに一応あるにありましたが、レベルはジャカルタと大差なく、人数も少なかったです。

「ブカシはポリシで危ない」とも言われました。


★バンドゥン


サリトムは廃れていました。
(サリテムとも。バンドゥン最大の置屋地帯)

バハサ(現地語)のニュースなので不確かですが、去年あたりにイスラムの意向で縮小したとか。


女の数も少なく夜はTUTUP(クローズ)になったようです。別のサイトでべた褒めだったので期待して行きましたが、残念ながら行く価値なしでした。


★スマラン


スナンクニン(*)は健在ですが、30歳超えがほとんど。太ったおばさんが厚化粧してどすんと座っています。客はそこそこいました。

(*)スマランの丘陵にある置屋地帯。以前「地球の遊び方」に「スマランのミニ・ドリー」で投稿済。

★ソロ(スラカルタ)


1台目のタクシーによれば、大きなBAR街が最近潰されてもう無い、ということでした。silirはかなり大きなbar街だったようですが、詳細不明です。


2台目のタクシーによれば、今でもあるにはあるがクチル(小さい)だそうです。結局行きませんでした。
CIMG2506


★ジョグジャカルタ


スパ?マッサージ?を覗いてみましたが、選べるレベルではなく退散。

Gang3(*)には30才から50才の女性が何十人かいて例の口笛で誘ってきます。

(*)ジョグジャカルタの置屋街。

もっと若い子というと一軒だけ、20代5人程度の尾根遺産がいる場所がありました。


そこを出て歩いているとベチャがポン引きをしていて、ビルの一室に連れていかれました。写真を見せて選べと言います。

ブラパ スムアンニャというと550,000ルピア。眠くなって来たので捨てる覚悟で嘘くさい写真を指名してホテルへ。


案の定まったくの別人が(笑)

スーダOKと言ってさっきの一室へ行き、一応抗議してみました。すると300,000は戻ってきたではありませんか。


インドネシアはこの辺が嫌いになれないところだ、とか意味不明なことを思いながら帰路に着きました。

pin様、貴重な地方情報をありがとうございました。
現地語もOKのようで、ずいぶん方々を回られたのですね。


私はソロはまだ行けていなくて、今年は、とも思っていたのですが・・・来年、どうしようかなあ と迷っております。

インドネシアの地方都市チルボン。その風俗開拓記の続きです。


翌晩はベチャに「バグース(ナイス)な場所」へ行ってくれ、と。


チルボン駅のすぐ東、広い通りを北に向います。

川を渡る橋の直前、左側に遮断機がありました。
ベチャは奥へ入っていきます。

インドネシアのローカル・エリアではお馴染みの【遮断機】が。
期待が高まります!!


オンボロな置屋が1軒だけありました。
20時前後で、選択肢は4名のみ。

尾根遺産はみな20代中盤くらいで、レベルは並の並、か。

なのに言い値はショート40万。

インドネシアって、ジャカルタ・バリ島・バンドゥンなどの都市部が安くて、地方の相場が高い、と此処でも再認識。


girl-439435_640

「他にもあります!」とベチャの兄ちゃん。
少し南へ戻り、そこから東へ。1軒の民家の前で停まりました。

「ダンナはここで待っていてくださいね」と中へ。

野郎、さてはコミッションの相談をする気だな。


しばし待たされた挙句に、戻ってきた兄ちゃん
「今日はまだ、お客さんを受けられない。準備中です」 と。


なんだよぉ~、それ!


「他には?カラオケとかないのか?」
「あります」
「じゃあ、そこに行ってくれ」
「まだこの時間は営業していません。22時以降にならないと」
「そうなのか・・・そこはABG(若い娘)がいるのか?」
「・・・30歳くらいです・・・・」
「・・・・・・・」


正直なのは、誉めてあげましょう。


さらに翌晩、別のベチャに案内させましたが、同じ2ケ所に行きました。
チルボンって、これだけかぃ???


前夜は顔見世さえなかった2ケ所目では、アラサーおばさんが1名だけ。

「遊んで行ってよ~!」としつこく食い下がられましたが、辞退。


長時間移動の手間をかけてまで、はるばるやってきたチルボン。

3泊もして、結果はこのとおり惨敗でした。


あ~あ。

スマトラ島のドゥマイについて、某掲示板で数年前に読んだカキコですが、部分転載いたします。

☆マラッカから船に乗って3時間、スマトラ島ドゥマイならば、10代半☆の炉裏困が若干待機しております。
17-18歳ならばゴロゴロいますが、それ未満は運次第。

☆女性代は美醜・年齢に関係なく一晩Rp170,000ですが、バタム島と違いシンガポール人が来ないので安く、女性も10代が中心で全くスレていません。
また、石油コンビナートがあるのでリッチな港町で、インドネシアにしてはとても安全です。

☆置屋街に入る時の関所料はRp2,000-(約RM1-)ですが、関所の私服警官に値段を聞くとRp5,000-と答えるので、直前に運転手へ手渡し、後は黙っている方が良いでしょう。

☆Dumaiから車で20分くらいのカンポンプロンポアンという所に、1,000人くらいの女の子がいた。メインはハイティーンだが、中には炉利もいた。
この子達は生、中田氏が基本だから覚悟が必要!!
女の子20万、タクシー片道5万です。

これらの書き込みを読んだときから、「インドネシア語を勉強して、いつか遠征を」 と考えておりました。

U-18とか生中とかは決して推奨いたしませんが、ロングが本当に格安ならば、バタム島よりいいかも?と。

ただし「1,000」 はいくらなんでも大袈裟だろうと。
小さな町で、それほどの需要(マーケット)があるとは思えません。
それが市場原理でしょ?

paddy-field-2525358_640

ホテル前にいたオジェの兄ちゃん、「カンポンプロンポアンを知っているか?」と聞くと、稼ぐチャンス!とばかりに「ハイ!!!」


往復5万RpでOKして、夕方6時に出陣。

港エリアのホテルから南東の方角へ、確かに20分弱。

幹線道路から農道?みたいな未舗装の細道に入ります。

着いた先は、バリ島ブンクランの置屋に近い印象の民家。

サヌールの置屋よりもローカルな風情ですが、看板の類も赤数字もなく、案内して貰わねば絶対に発見は無理です。
自力で行ければ、コミッションの心配は無用なのですが。


ママらしき女性が、英語であいさつしてきました。
ところが肝心の尾根遺産は「出払って、いない」ですと。(涙


ビールでも飲みながら待つか?と言われましたがいつになるかもわからないし、他にも置屋はあるだろう、と辞退。


2014081617503089b

「他の場所へ行ってくれ!」とオジェに頼んだら、ほぼ来た道を逆戻りして、Grand Zuriホテル(MAP⑥)から南へ徒歩圏の、Jl. Sudirman 沿いにある、何の商売か外見ではわからない、スモーク扉の店(MAP⑦、場所はアバウト)に。


ママの他に、赤ん坊を抱いた自称22歳のネシアンと、おかっぱ頭の中国系尾根遺産の2名。レベルは並の上、程度。


明日の朝までならいくら?と質問すると、答えはビックリの150万Rp!!!

聞き間違いかと復唱するも、答えは変わらず。

「ティダ プルチャヤ!(信じられない)」
ちなみにショートなら50万で、店の奥で済ませて、と。


「ちょっと待て。随分と高いじゃないか!ジャカルタ、バンドゥン、スラバヤとか何度も行ったけど、ショートなら30万、場所によっては15万だぞ!」
「でもドゥマイではショート50万は普通」 とママ。


「だったら帰る」と出ようとする私の背中に、オジェの兄ちゃんが「ショート30万です!」と。
オマエのコミッションが20万だったのかよ!(怒


いずれにせよ、30万でもお願いしたいレベルにあらず。
吐き捨てるように「ホテルに戻れ!!」と命令。


あぁ、わざわざドゥマイくんだりまで来た意味、全くなかったに等しいぞ、このままじゃ。


(つづく)

ジャワ島のパガンダランPangangdaranをご存知ですか?


「地球の歩き方」によれば、インド洋に面した小さな漁村。
週末になればジャカルタなどからの行楽客でにぎわう。
とあります。


観光シーズンは6~8月。雨期の今(4月)、平日はホテルも格安。
投宿したのは北西部のビーチ沿い。
車もバイクも、ビーチの人影も少なくて、まったりのんびり。


村の南側に、コブ?みたいな形の国立公園。ジャングルのなかには
【世界最大の花】ラフレシアが咲きます。(7,8月)

pangan3

コタの雑踏、喧噪に疲れたので、ジョグジャカルタへ直接向かわずに寄り道を決めました。


まだ明るいうちに、ビーチ沿いのホテルにチェックインできたので、早速インド洋を眺めにいきました。

CIMG3139

さて、戻って荷ほどきするか、と道路に出るとスーーッとバイクが近寄ってきます。

「今夜Cewek、いかがですか?」

おいおい、いきなりソレかい・・・・まだ明るいのに。


使えそうなその青年の連絡先をメモして、道路を渡ったら、妙齢のおばさんからマッサージの勧誘。


まさかこのおばさんまで、オプションつきじゃないよな?と考えていたら、私の心中を見透かしたように
「Cewekは好き?」
「いくら?」
「ショート30万ね」
「ABGかい?」
「ABGは50万よ」
「マハル!」
「今、ここにいたでしょ、あの2人組」


私と入れ替わるように、その場からバイクで去っていった、見た感じで17,8歳の2人組がいたんです。
化粧っ気もなくて、印象はごく普通の地元っ子だったのに。

CIMG3159
ベチャのおじさんに「どこかいい店、ある?」と訊いたら「ディスコが1軒あるよ」と。


一応観光地だけに、ニードに応える態勢は整っているんですね。


夕食で新鮮な?エビを堪能していたら、昼間の青年が私を見つけて「終わったら、行きましょう!」と。


「じゃあ、最初はディスコに行ってくれよ」
「はい!」


と返事だけは良かったんですが、途中で「Rumah(部屋)、見ますか?」

要するに【直売所】のことです。


そこならコイツがコミッションを沢山取れるんだな、と推察するも、試しに覗きに行きました。

pangan2

「地球の歩き方」地図の中央にあるパサール・ウィサタ。(pasar=市場)
*地図画像中央部の格子状のエリア


店舗だけかと思いきや、その端のほうに住居もあって、その1軒の前でバイクが停まります。

CIMG3152

なかにいたのは、推定アラサーの尾根遺産ひとり。
気怠そうな雰囲気を漂わせています。



ひと晩1juta(100万Rp)だ、と青年。
「Maaf!」(Sorry) 即答して外へ出ました。


「俺のタイプは、ABGでクチル(小柄)なんだよ」
「わかりました。いますよ、ミスター」


さて、次はどんな場所に連れて行かれるのやら。


(つづく)

≪YN様のコメント≫
ご無沙汰しております。 行かれたンですね。私も1度だけ、行った事があります。


ご存じでした?
バリは、外国人の為に作られた観光地
パガンダランは、インドネシア人の為の観光地。
パガンダランに行くのが、インドネシア人の、ひとつのステータスになってます。。。


グリーンキャニオンという川で川登り。よかったですよ。
と、ちょっと真面目な話を^^


4年ほど前、バンドゥン在住の時に、クルマを運転して6時間くらいかかりました。
当時は、道が酷かったンです。

今はかなり、よくなっていると聞いているので。また行ってみたいと^^


あ。最近。私は、ブカシにアパートを借りて(別宅として)
素人尾根産と楽しんます^^(現在3人)


≪管理人の返信≫

yn様、こちらこそご無沙汰しております。

パガンダランもすでに遠征済みとはさすがです!


あれでも、よくなったんですかね・・・前を存じませんので。
路面状態はさほどデコボコではなかったですが、カーブのキツいこと!

↑このページのトップヘ