アジアの尾根遺産【インドネシア分室】

ブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、インドネシア関連記事だけを移転させました。ただしバリ島とジャカルタは除きます。

Tag:ドリー

バンコクを後にされたH様はその後、バリ島⇒スラバヤ⇒ジャカルタと行脚されました。ジャカルタでは何と、あの線路脇置屋群(画像)にもトライされたそうです。

◎バリ島・スラバヤにかつての姿は

バンコクではヤワラートの立ちんぼに名残を残し、次にいよいよ自分の第二のホームグラウンド(もちろん第一は日本)であるインドネシアに入国。


まずはバリ島のJl. danau poso辺りの番号置屋を周る。8万ルピアでバイクを借り出発。


20年前は本当に多くの番号置屋やホテルがあり、値段も10万ルピアを下回る安さ。ところが、今や最低でも25万ルピア。


ウオーっと思うcantik(カワイイ)なcewek(尾根遺産)もいなくなった。


次に行ったスラバヤも、ドリーが無くなった今、魅力がなくなった。ここはジャカルタに賭けるしかない。
20180512_184931

◎コタインダーの変化

ジャカルタに到着、真っ先に行ったコタインダーのディスコ置屋群。

レベルが高すぎる。Cantik、Ramping(スリム)、Muda(若い)三拍子揃ったcewekが何人も・・・。


そこで遊んだ18歳のバンドゥン出身のcewekに聞くと、「インドネシア人は細身でスラっとした長身の私みたいな子よりも、オッパイの大きいmontok(ふっくら)な子を好んで、私みたいな子は日本人しか遊んでくれないの」と言うではないか。なんともったいない!


更に聞くと、「ここはsepi(寂しい)なので他に移るのよ」ということである。今考えると電話番号くらい聞いとけばよかった。


ただ、ここもインフレが進んで、38万ルピア。

 

◎H様からの補足情報

コタインダー全店、今まで金魚鉢だったのがカウンターになっていて、近くでじっくり品定めができるようになっていました。


「Biskah berciuman?」(キスできますか?)とか「Kamu beragama apa?」(あなたの宗教は?)など会話ができるので、ハズレにあたりにくいです。


*イスラムだと女の子はクリトリス(intil)を切り取られて感じにくく、すぐgeliとか言う。

◎スラバヤのローカル用風俗は

H様に「オトコの夜遊びガイド:スラバヤ編」で推奨してきたエリアの様子を伺いました。


一店舗に5,6人、25万ルピアでした。

レベルは、30代でmontokの子が多く、キスやクンニOKの子が多くサービスもよかったです。


補足しますと、スラバヤのこの商業区画には、☆番オプションが標準のマッサージ置屋が複数軒あります。


しっかりマッサージもしてくれたうえで、シャワーもあって、トータルで25万ですから、ジャカルタの置屋長屋並か、それ以上のコスパなんですね。

今回はH様のスラバヤ/ドリーの近況です。画像もH様から頂戴した今月のものです。

 

◎思い返せば

私がドリーを知ったのは十数年前、Gダイアリー「風俗開放戦線」猫巻師匠の記事。

当時の謳い文句が“東南アジア一の規模の赤線地帯“。


道を通れば、そこらじゅうのポン引きから「マスッ(お兄さん)」と呼び止められ、賑やかな様相だったらしい。

その記事を読んで、いてもたってもいられず、覚えたてのインドネシア語を磨き、いざドリーへ。

surabaya-dolly-street

記事の通り一発80,000ルピア。「murah meriah(めっちゃ安い)」と思わず声が出てしまった。


当時、尾根遺産たちはスレていなく、チップも要求しない。

おまけに田舎から出てきたばっかしの純情な子もいて、やり終えて寝ているとギュッと抱き着いてくる。

 

◎一縷の望みを抱いて

あれから10数年、ドリーは閉鎖されたが、「もしかしたら復活しているかも!」と期待をしながら今回再訪。


いつもの定宿メトロホテルにチェックイン後、クドンドロのDUTAでマッサージ。夜9時になって、いざドリーに出発。

surabaya-dolly-street2

いよいよドリーに到着。前回の調査と変わらず道が暗い。

あの金魚鉢があった店は廃墟と化し、道を歩けばおやじたちがチェスやポーカーにふけっている。


更に路地裏に進むと、遠くからむなしくダンドゥットのリズムが聞こえてくる。

 

◎遊べなくはないけれど

道端に座っているおやじたちから、ひっきりなしに女遊びのお誘いがあるが、値段を聞いてビックリ!の35万ルピア。


道端に座っているのを見ると合格点には程遠い。警察への袖の下が入った値段なんだろう。

 

◎声をかけてきたのは

surabaya-dolly-street3

そうこうしているうちに元メインストリートに。今までになかった公園が建設されていた。

その傍でたむろしていたchew学生くらいの女の子が突然声をかけてきた。まさか!!!

surabaya-dolly-street4

「おじさん、写真撮って!」

ポーズをとっていたので思わずカシャリ。


ということで、今回も復活ならず残念。ドリー壊滅後も細々と続けていた深夜営業のカリマンタンも閉じていた。ここはもう何もない。


昔は、歩けばタクシーやオジェの運転手が声をかけてきたものだが、今は皆無。歩いてメトロホテルまで帰ることに・・・。

アメリカやカナダなど先進国は風俗を開放しつつある中、アジアでは逆風が!昔のよき文化の復活を望むばかりである。

 

◎管理人から補足

>ここはもう何もない


この短い文に、H様の無念が凝縮されているように感じました。


>先進国は風俗を開放しつつある中


そうなんですよね。前にも書きましたが、飾り窓で有名なオランダのアムステルダムでは、同地域に売春ミュージアムを作って公開しています。スイスでは市が管理する売春宿があります。


つまり、行政が「認めて」いるわけですよね。

アジアで、風向きが変わるのはいつ?

私見を申し上げますと、少なくともまだこれから数年は、インドネシア風俗においては全体的に【逆風】が続くと考えております。


その【発生源】は、ドリーを筆頭とする置屋街を軒並み閉鎖に追い込んでしまった、スラバヤの女性市長トリ・ リスマハリニ氏。


今年のバレンタインにも、その【堅物ぶり】を遺憾なく?発揮したのは既報のとおりです。


フォーチュン誌が毎年選定する「世界のもっとも偉大なリーダー50名」の2015版にも選ばれてしまいました。


この影響で、他の街でも首長が同様の動きに出る可能性があるかと。


マカッサルがそうなのか、は存じませんが、政治家は票になりそうな【匂い】に敏感ですからね。


amsterdam-2551_640

一方で、西欧に目を向けてみますと、飾り窓(画像)で有名なアムステルダムでは、売春婦も立派な【職業】である、ということでソッチ系の博物館ができたそうです。


スイスでは市が主導して、道待娘に仕事場を提供する【ドライブスルー置屋】が登場しましたね。


風俗を取り締まるのではなく、必要な存在として認め、アングラ化しないように行政が監理する。


こういう方向性がアジアまで波及してくるのは、まだまだ当分先になるでしょうから、冒頭で「少なくともまだこれから数年は」と書いた次第です。


≪だるまわんさ様のコメント≫

逆風ではなく追い風では?


インドネシアの風俗自体は大きくは変わらないでしょう。ただし古くから残されてきた、いわゆる置屋の密集地帯(lokarisasi)のようなものはどんどん減ると思います。

衛生的にもそうですが、それがあっても良い結果を生まないのでそこについては消え行く運命でしょうが、性風俗店は消えずにこれからも増えるでしょうし、またそれ以外にも法に縛られない自由な営業も確実に増えているので、劣悪な環境や様々な危険をはらみながら遊ぶよりは、むしろ我々にとっても喜ばしい事ではないかと思います。

ある意味、インドネシアも普通の国になりつつあるのですよ。

ジャカルタの東方に伸びる高速沿いには、ブカシ、チカラン、カラワンと工業団地が点在します。


昨年秋に訪れたのは、その方面にあるローカル御用達の置屋街テンダ・ビル。
地元民はTBと呼びます。


昨春、ブカシからチカランに移動するタクシーの車内で、運転手がそういう場所の存在を話していました。


その置屋街をご存知だというS様の短期ご出張に合わせて私の日程を組んで、現地でご同行頂いた次第。

20150418

交通量の多い幹線道路から、車がすれ違いできないような細道に折れます。


奥へ数百m進み、車を降りて、そこからは徒歩。
周囲は完全な住宅街。それも低所得者層がひしめいているエリアです。


まともな大きさの一軒家など見当たらず、エアコンもないであろう小さな家々の内部は、道から見えてしまいます。


当然そんな場所に日本人が二人、連れ立っていれば、道端に座っているジモティが好奇の視線を浴びせてきます。


車1台も通れない幅の細道をクネクネと曲がり、ようやく置屋街の入口にたどり着きました。


S様がスマホで現在地を確認しながら案内して下さらなければ、私ひとりでは途方に暮れたことでしょう。


遮断機の代わり?と思われる、横木を跨いで闇の先へ。


路地の両側、軒先に小さな赤色の電灯が連なって下がる光景は、まさに私のイメージする、昔の日本の【赤線地帯】です。


なんと申しますか、これまで訪れたローカル置屋地帯のなかでもいちばん【風情】 を感じます。


奥へ奥へと200m以上続く道すがら、カラオケの体裁をなすルコの店先には、1~4名の尾根遺産。


全部で50軒以上はあったと思うので、1軒2名として、それでも100名超の選択肢があるわけです。


トレテスに比べると各ルコはずっと小さくて、今は亡きスラバヤのドリーよりも小さくて、一番近いイメージとしては、バリ島のアサマンあたりか。


しかしジョグジャカルタのGANG3のような陰湿さは全然無くて、座っている尾根遺産も、パッと見で20歳前後からOVER30まで多彩。


ただし小さな赤色電球だけなので、立ち止まって顔を近づけないと美醜の判別がつきません。


それでも平均して5名に1名くらいは 《なかなかじゃん!》なレベル。奥へ行くほど、年齢が上がりレベルが落ちる印象。

平日の21時過ぎ。私たち以外に物色している男性客の姿はありません。

だからでしょうか、時折、積極的な尾根遺産が営業スマイルで我々の前に立ち塞がり、「ミヌム?」(=飲んでく?) と誘ってきます。


GANG3ではほぼ全員が、スマホいじりしているか、下を向いてこちらの顔を見ようともしませんでしたが、ここでは 「マラ~ム」(=こんばんは)なんて声もかかります。


スマホいじりしているのはごく一部で、そこは好印象。AWAY感はさほどでもありません。


ビール3万Rpよ! とは言いますが、「チキチキはいくら?」 と尋ねても答えてくれません。


まず飲み物を注文するのが必須で、飲みながら交渉。
これはチカンペックの先、国道1号沿いのパントゥラと一緒です。


1名だけ「50万Rp」とフッかけてきた尾根遺産がいましたが、「高い!信じられない」 と去ろうとしたら、すぐ30万に値下げ。


S様のドライバー氏によれば、ローカルが遊ぶ場合、飲み物代で10万くらい(尾根遺産分も含め)、チキチキは以前は10万だったものの、今は15万だろう、と。


外国人価格だとして、交渉で20万 程度でしょうか。こんな辺鄙な場所に来る外国人が、そういるとは思えませんが。


でもトータルで30万払うなら、ジャカルタの清潔な店で遊ぶでしょう?
手桶で洗い、ダニに咬まれながらの一戦よりも。


飲まずに即決10万ポッキリ! とかなら、考えなくもありません。GANG3とか、スマランのミニ・ドリーよりもレベルは高そうなので。


S様、その節は大変お世話になりありがとうございました。
動画も撮影したのですが、暗すぎるのとブレまくりで鑑賞に耐えません。すみません・・・・

前回に続き、スラバヤ遠征時のこと。

新規開拓で訪れた、某SPA。入ってすぐの受付では番号札をもらうだけ。
2階の、飲食可能な「ラウンジ」のカウンターで、コースを選びます。

3Pコースが“ウリ”のようなので、試してみることに。

VIPルーム使用で、2名つけて90分のマッサージ+部屋代が475,000Rp。

*受付嬢は英語OKで、好みのタイプを要望可能です。


5分ほど待たされて案内された部屋の前には、すでに2名が立っていました。

27歳のマラン出身娘と30歳のスマトラ出身娘。ともにレベルは並の上。


私だけが全裸になってマッサージの開始。1名は施術技術もなかなか。
約1時間ほどして、オプションのお誘いが。

wellness-1989866_640

言い値は各1juta(百万Rp)と法外でしたが、マハル!(高い)とゴネたらすぐに各60万に下がりました。


それでもやっぱり、SPAは高い!
ドリーが消滅したって、他所なら25万で可能な置屋もあるのに。


ちなみに手コキだけなら?と交渉しましたが、脱ぎ+手コキで各40万、バスト・タッチ有りの手コキは各50万だと。

エッチ代金と僅か@10万の差しかありません。

価格のバランスがとれていないのは、本番がデフォルトだからでしょう。


翌日、総額25万のお店で、勤務3日目だという26歳とプレイ。

こちらの尾根遺産が、お顔もスタイルもスキルもマッチ・ベターで、多額の出費になったSPAへの入店をひどく後悔しました。

↑このページのトップヘ