アジアの尾根遺産【インドネシア分室】

ブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、インドネシア関連記事だけを移転させました。ただしバリ島とジャカルタは除きます。

Tag:チカラン

数ケ月前のこと。これまでもお世話になっているYN様から、思わぬ情報が。


チカラン
のジャバベカ工業団地方面に、昨年あたりから怪しい尾根遺産たちの姿が路傍に散見される、と。そしてローカルの話では、彼女たちはカリジョドが潰れて流れてきたようだと。


元:カリジョドの道待娘。こんな情報を聞いて、私がチカランに行かないわけには参りません!

◎その場所は

ジャラン・カリマランといえば、ピンとくる読者様もいらっしゃるでしょう。旧ブログに書いた私の初ブカシ遠征記や、過去記事「カラワンのカフェ・チェウェ」の舞台(地図の赤印)でもありました。いわば「ローカル風俗街道」ですね。


今回の目的地は緑印のあたりです。


ちょっと話が横道にそれますが、このGoogleマップ、今回の執筆にあたって表示回数を見たら、なんとビックリの7,200回超!!


「カラワンのカフェ・チェウェ」と「今は消滅?ジャワ島のカラオケ街道」の記事用に作成しただけのマップに、これほどのアクセス数があったのには正直、驚きました。

ということは、今回のようなインドネシアのローカル風俗探査記事にも、ニードが相応にあるのですね。

 

◎「店舗」ではない場所で

高速道のチカラン・バラット出口からジャバベカ方面(北)に向かい、Jl. Raya Kalimalang に右折したいのですが、そこは右折不可の場所なので、さらにジャバベカ方面に進んでからUターンしてきて左折します。

20180512_100450


しばらく道なりに進むと、左側にコンビニ「インドマレット」が見えてきます。その先から道路工事中で、中央分離帯の片側が未完成なのですが、今は車両通行不可のその場所に、数百mにわたってポツンポツンと尾根遺産が椅子に腰かけています。


店先ではなく、建物の無い場所に椅子だけを持ってきて座っているようです。

道の反対側はほとんど壁なのですが、その壁の前にも数名座っていました。


平日の20時頃なので、まだ勢揃いしていない時間帯と思われますが、それでも総勢で20名以上はいたでしょう。もう少し遅い時間帯には3ケタいる、という話も。


下の動画リンクは一旦通過してから、リッポー・チカラン方面へ戻る際の車内から撮影したものです。尾根遺産の姿は画面で視認できないと思いますが、周辺の雰囲気はお感じいただけるかと。

店舗ではない場所にいるので、カフェ・チェウェ形態では無いものと考えられます。道端にバラックがあるようなので、そこで済ませるのでは?というのがYN様の見立てです。


そうだとすれば、ジャカルタの路傍のテント小屋みたいなものですね。プレイ環境はカリジョドよりも相当劣悪になりますね。

◎インフォメーション

「オトコの夜遊びガイド:ジャカルタ編」から分冊化した「チカラン&ブカシ編」ですが、当初の想定以上にニードがあったようです。


ジャカルタに宿泊して、あのヒドい渋滞のなか工業団地まで毎日痛勤するよりも、ホテルも増えたチカランにご滞在されるほうが格段に楽ですものね。


黄金週間の最中に赴いたチカランは、さすがにご出張者が少なくてホテルもルコもモールも閑散としておりました。
20180510_162852

◎美女のささやき

チカランに登場した新店で、20歳の美形ネシアンに心も身体もほぐしてもらいました。


退室直前、尾根遺産が私にティプ サヤと囁きました。


「そらきた、チップの要求か?」と身構えて「何て言ったの?」とトボけてみたら「ミスター、アンダ ティプ サヤ・・・」と恥ずかしそうにのたまうじゃありませんか。


アナタは私のタイプです、と言ったのでした。


リピートしてもらいたいがためのリップサービスなのでしょうけれど、そうささやいたときの、彼女の瞳の輝き。。。


若干20歳の美女にそんなことを言われて、オジサンが嬉しくないはず、ありませんよね!


チップの要求は無し。微笑みを絶やさない、バグースな尾根遺産でした。

今回の体験談は、チカラン&ブカシ編には収録済みなのですが、工業団地方面の風俗を精力的に開拓していらっしゃるS様からです。

◎SPAに入店

入るとすぐに小さなカウンターがあって、そこで番号札を受け取ります。中に入ると小さなバーがあり、ママに「女の子を選べ」と言われます。女の子はパソコンとタブレットから見れます。


その時選べたのは約10人程度でしょうか?


写真では可愛い子がたくさんいましたが、選ぶ事が出来たのはそれほど可愛くない子ばかりでした。


予約も出来るので、お気に入りが出来たら予約したほうが断然良いでしょう。


ママがやたら推してくる、まだ新人のそれほど可愛いように見えない子を選びました。


まず、ママからシャワーを浴びるか?と言われたので案内された場所に行くと、大きめのジャグジーとシャワーブース、サウナがありました。

◎ファシリティ

まだ新規店と言う話でしたが、内装はあまり綺麗ではありません。


明らかに着替えてから入るスペースのようだったので戸惑っていると、「あっちで着替えてこい」って言われたので、そこにいくとロッカールームになっていました。

良く見ると、番号札にはロッカーの鍵がついていました。


そこで備え付けの服に着替え、シャワーを浴びに行くとシャワーの出も悪く、配管に穴があいていて、隣のシャワーブースに3割ぐらい水が飛んでいっていました。

ジャグジーに入ることも考えましたが、入浴剤なのか、ただ汚いだけなのか、少し水が緑がかっていたので止めました。


シャワーを浴び終わると二階に案内されます。

ここまで、一度も料金・システムの説明は有りませんでした。


私は事前に聞いてたのでそれほど怖くはなかったですが、初心者では不安になるかもしれません。


たぶん、聞けば教えてくれると思いますが、英語通用度が非常に低いためインドネシア語が出来ないとわからないかもしれません。


部屋の前で尾根遺産が待機してます。

ドアがなくカーテンだけです。


部屋の間仕切りは、壁が有りますが、一部隣の部屋と繋がっているので(おそらくエアコンを共用するため)、声は丸聞こえです。
20180510_162852

◎サービス

尾根遺産は、ほぼ写真通りのあまりかわいくない子でした。

肌は濃い褐色。かつての経験の中では一番黒い子です。


部屋の奥にはシャワーがあります。板張りの床に薄いマットが敷いてあります。そして、若干カビのような匂いもします。


全部脱ぐように言われて、うつ伏せになり、施術スタートです。


シアツからはじまり、クリームを使ったマッサージです。終始話しかけながらしっかりやってくれます。強さは少し弱めですが、そこそこ上手です。


最後に際どい部分をマッサージしてきたところで、続きもするか?と言われ、追加で300,000rp と言われました。


プレイ自体はいたって普通。

なぜか、スカートだけは脱ぎませんでした。

終わったあとは、部屋でもう一度シャワーを浴びて終わりました。

最後に受付で150.000払っておわりです。

料金は聞いていたとおりで、特に揉めることも無かったです。

 

◎管理人の感想

S様、新規開拓お疲れ様でした。

今回の本番マッサージ店はファシリティ的にハズレ、ですね。


私も何度も経験がありますけれど、風俗の新規開拓にハズレはつきもの。その手間をかけずに済むように、と「オトコの夜遊びガイド」があるわけです。

今回紹介いたしますのは、pin様から頂戴しました今年夏のジャワ島各地の状況レポートです。

CIMG3071

★ブカシ、チカラン


東部でもスタバもあるしホテルも十分に整っています。
しかし風俗関連に変化が。

SPAや高級クラブは健在です。日本語話せる女もちらほらいます。これらはbanyak(たくさん)とタクシーが言っていました。


ところがBAR街はほぼ壊滅のようです。ブカシでは告げると表情が曇るタクシーやオジェばかり。


チカランでは川沿いに一応あるにありましたが、レベルはジャカルタと大差なく、人数も少なかったです。

「ブカシはポリシで危ない」とも言われました。


★バンドゥン


サリトムは廃れていました。
(サリテムとも。バンドゥン最大の置屋地帯)

バハサ(現地語)のニュースなので不確かですが、去年あたりにイスラムの意向で縮小したとか。


女の数も少なく夜はTUTUP(クローズ)になったようです。別のサイトでべた褒めだったので期待して行きましたが、残念ながら行く価値なしでした。


★スマラン


スナンクニン(*)は健在ですが、30歳超えがほとんど。太ったおばさんが厚化粧してどすんと座っています。客はそこそこいました。

(*)スマランの丘陵にある置屋地帯。以前「地球の遊び方」に「スマランのミニ・ドリー」で投稿済。

★ソロ(スラカルタ)


1台目のタクシーによれば、大きなBAR街が最近潰されてもう無い、ということでした。silirはかなり大きなbar街だったようですが、詳細不明です。


2台目のタクシーによれば、今でもあるにはあるがクチル(小さい)だそうです。結局行きませんでした。
CIMG2506


★ジョグジャカルタ


スパ?マッサージ?を覗いてみましたが、選べるレベルではなく退散。

Gang3(*)には30才から50才の女性が何十人かいて例の口笛で誘ってきます。

(*)ジョグジャカルタの置屋街。

もっと若い子というと一軒だけ、20代5人程度の尾根遺産がいる場所がありました。


そこを出て歩いているとベチャがポン引きをしていて、ビルの一室に連れていかれました。写真を見せて選べと言います。

ブラパ スムアンニャというと550,000ルピア。眠くなって来たので捨てる覚悟で嘘くさい写真を指名してホテルへ。


案の定まったくの別人が(笑)

スーダOKと言ってさっきの一室へ行き、一応抗議してみました。すると300,000は戻ってきたではありませんか。


インドネシアはこの辺が嫌いになれないところだ、とか意味不明なことを思いながら帰路に着きました。

pin様、貴重な地方情報をありがとうございました。
現地語もOKのようで、ずいぶん方々を回られたのですね。


私はソロはまだ行けていなくて、今年は、とも思っていたのですが・・・来年、どうしようかなあ と迷っております。

今回はブカシでのお話。

チビトンの置屋街TBに、S様とジョイントするためブカシに宿泊。
昼間、時間潰しを兼ねて、エロSPAに再訪しました。


前回、尾根遺産が電話番号をくれて、「明後日は非番だから、営業開始時間の前に此処に会いに来て!」と言ってくれたのに、チカランへの移動日で、結果すっぽかしてしまったのです。


再会を喜んでくれるか?それとも怒られるか?
そもそもブカシはコスパが悪いのに、その価値があるのか?


けっこう躊躇して、葛藤して、いざ出掛けてみたら、目の前にいた中国人の2人組に、彼女は指名されてしまいました。


「90分、待ちますか?」 「はい!」 と一度は答えたものの、そうするとS様との待ち合わせに遅れそう。
これはきっと、≪会うのは止めろ≫というお告げなのでしょう。

DSC_1097
*ブカシ駅は長蛇の列

気を取り直して、受付嬢に要望を伝えます。
「小柄で、気立てのいい娘をお願い!」


待つことしばし。通されたVIPルームの前で待っていたのは、中肉中背ながら、推定Fカップの巨乳ちゃん。
制服からこぼれて見えている谷間の、その深さと白さときたら・・・・・


お顔もなかなかの美形だし、こんな尾根遺産がトラベルあたりにいたら、邦人客の指名が殺到しそう。


うつ伏せでのマッサージがひと通り終わって、仰向けになった私の大腿部を自分の太股に乗せて浮かせ、何も言わないまま竿を刺激し始める巨乳ちゃん。普通はここで、オプション価格の交渉なんだけど???


単純な上下運動ではなくて、袋も含めての刺激はテクもなかなか。
しかし、それだけでフィニッシュは難しいので、


「オッパイ、触らせてよ!」
「ダメ!」
「いくら?」
「50万Rp」
「50万で、全部脱いでくれる?」
「違う!脱がないけど触るなら50万」


そりゃあ、いくら何でも高いっしょ?
上半身を起こして、シゴかれながら懇願するも、ディスカウントに応じてくれません。


尾根遺産のテクでロッドはいきり立っているのに、すぐ目の前の美味しそうな谷間に、触れもしないなんて。


この【おあずけ】プレイ、けっこう効きました。


ボレ~~!!(いいでしょ?) と言いながら、谷間に人差し指の先っぽを差し入れた瞬間、イッてしまいました (恥


結局チップは「あなた次第よ」としか言わないので、前回の嬢と同額の30万にしました。あの娘は脱いで、揉ませても舐めさせてもくれたのになぁ~


ちなみに、ここよりもオススメのSPAを翌日、開拓しました。

↑このページのトップヘ