アジアの尾根遺産【インドネシア分室】

ブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、インドネシア関連記事だけを移転させました。ただしバリ島とジャカルタは除きます。

Category: その他

今回はお久しぶりのHJ様による、カリマンタンの体験談です。


ちなみにインドネシア語で「カリマンタン」はボルネオ島全土を指しますが、英語ではボルネオ島のインドネシア領地域を表しています。


カリマンタン島といえば、オランウータンのイメージしか湧かないので、美女とは結びつかないのですが、実はマジ、めっちゃ美形な女子大生の実物画像も頂戴しております。


image4

ご無沙汰しております。HJです。
久しぶりに当たりを引いたのでお知らせします(笑)

 

◎フィッシング地点は

インドネシアの地方出張が多いので、現地に行くとwechatとかTinderを立ち上げて、どんなもんか状況を見ることが多いのですが、西カリマンタンはポンティアナックにて、下の写真のとおりの女子大生が引っかかりました。


最初はあまり興味がなさそうだったのですが、今回の出張で改めて誘ってみたところホテルに来るというので呼んでみました。


来る前から「写真を送れ」だの、色々と探りを入れてきたので、だったら来なくていいと突っぱねたら、それでも来るというので、業者とかではないかなとある程度予測がつきました。


業者の場合、ここで来なくなることが多いので。

naoshi

 

◎出会い系アプリあるある?

ただ、写真のとおりの可愛い子が来るかどうかはわからないですし、期待せずに待っていたんですが、写真通りのかわい子ちゃんがやって来ました!


顔の肌は若干残念でしたが、150~155cmくらいの小柄ながら、程よい肉付きの身体、大きく弾力のあるオッパイと文句なしのビジュアルに、話していても気さくで、まさに普通の女子大生という感じでした!


ビジュアル・スタイルともに間違いなく、約5年間のインドネシア生活でNo. 1です。

以前からお願いしてた通り、ジルバブつけたままエッチなことさせてくれましたし(アラーに怒られるw)、何より23歳というピチピチの身体を堪能させていただきました!


最中の写真は無理でしたけど、下着姿は平気で撮らせてくれましたww

image2


1,000,000という約束でしたが、満足したので1,200,000あげて終わりました。


プレー自体はごくごく普通でしたが、後背位が好きらしく、いきなり後ろからスタート!


自分は普段正常位から段階的に変えて行くのでリズムが狂いましたw
近いうちに理由をつけてまたポンティアナックに行きたいと思います!

 

◎管理人より

HJ様ぁぁ、うらやまし過ぎますよぉぉぉ~~~!!!

こんな美人女子大生がお相手なら、1jutaくらい払いますって。


あまりにタイプな尾根遺産なので、顔全体がわかる画像も公開したいのはヤマヤマなんですが、さすがにシモの記事に素人さん?の実物はマズいだろう、と考えている次第です。


旧ブログに以前アップした、同じくインドネシアでのY様による素人フィッシング体験談のときは、修正画像だけにしましたからね。


でも、読者様も実物をご覧になりたいでしょうから、リンクはせずに昨夜、旧ブログに他の画像とともにアップしておきました。


それから「ジルバブつけたままエッチ」、、、、なんて不謹慎、いや、なんて羨ましいコスプレ!!(怒られるかなぁ)

コレは思いつきませんでしたぁ~。私も一度、やってみたいですぅ!


≪管理人より≫

このアーカイブ・ブログの記事は今回が最後となります。

お越しいただきました皆さま、ありがとうございました。

さて、今回はインドネシアにご出張されたある方の、ユニークな体験談を紹介します。

邦人ビジネスマンも数多く宿泊する、某高級ホテルでの出来事。(伝聞です)

indonesia-1358747_640

◎床屋で何が?

ホテルに併設された床屋(普通の散髪屋)にカットをしに入店。

担当はちょっと太めの、若くはないオバちゃん。


そのオバちゃん、店内に他にも客がいるのに、カットしながら身体をスリスリしてきたそう。


で、先客が退店したら、オバちゃんが徐にお店のブラインドを下ろして「エ★チしよっ? しよっ? しよっ!」 と。


ヤリたいっ! という欲求がヒシヒシ伝わり、相手がオバちゃんなのに、愚息が反応。


「シャワーもまだ浴びてないよ!」と言ったのに、愚息を取り出されてむしゃぶりつかれ・・・その口技テクがまた、絶妙だったそう。


当然、本番のお誘いがあったものの、それは固辞して、オバちゃんの口内に発射!


お優しいご出張者様は、オバちゃんに散髪代+毛染め代+スペシャルで、40万Rpを払って店を後にされたそうな。

 

◎管理人の感想

もし私が同様の状況に遭遇したら、例え相手がオバちゃんであっても、誘惑には勝てないでしょうね。


本来、する場所じゃないところで、ハプニング的にヤってしまう・・・

そういうエッチって、置屋で若い娘と「当然のように」するよりも個人的には興奮しますね。

今回紹介いたしますのは、pin様から頂戴しました今年夏のジャワ島各地の状況レポートです。

CIMG3071

★ブカシ、チカラン


東部でもスタバもあるしホテルも十分に整っています。
しかし風俗関連に変化が。

SPAや高級クラブは健在です。日本語話せる女もちらほらいます。これらはbanyak(たくさん)とタクシーが言っていました。


ところがBAR街はほぼ壊滅のようです。ブカシでは告げると表情が曇るタクシーやオジェばかり。


チカランでは川沿いに一応あるにありましたが、レベルはジャカルタと大差なく、人数も少なかったです。

「ブカシはポリシで危ない」とも言われました。


★バンドゥン


サリトムは廃れていました。
(サリテムとも。バンドゥン最大の置屋地帯)

バハサ(現地語)のニュースなので不確かですが、去年あたりにイスラムの意向で縮小したとか。


女の数も少なく夜はTUTUP(クローズ)になったようです。別のサイトでべた褒めだったので期待して行きましたが、残念ながら行く価値なしでした。


★スマラン


スナンクニン(*)は健在ですが、30歳超えがほとんど。太ったおばさんが厚化粧してどすんと座っています。客はそこそこいました。

(*)スマランの丘陵にある置屋地帯。以前「地球の遊び方」に「スマランのミニ・ドリー」で投稿済。

★ソロ(スラカルタ)


1台目のタクシーによれば、大きなBAR街が最近潰されてもう無い、ということでした。silirはかなり大きなbar街だったようですが、詳細不明です。


2台目のタクシーによれば、今でもあるにはあるがクチル(小さい)だそうです。結局行きませんでした。
CIMG2506


★ジョグジャカルタ


スパ?マッサージ?を覗いてみましたが、選べるレベルではなく退散。

Gang3(*)には30才から50才の女性が何十人かいて例の口笛で誘ってきます。

(*)ジョグジャカルタの置屋街。

もっと若い子というと一軒だけ、20代5人程度の尾根遺産がいる場所がありました。


そこを出て歩いているとベチャがポン引きをしていて、ビルの一室に連れていかれました。写真を見せて選べと言います。

ブラパ スムアンニャというと550,000ルピア。眠くなって来たので捨てる覚悟で嘘くさい写真を指名してホテルへ。


案の定まったくの別人が(笑)

スーダOKと言ってさっきの一室へ行き、一応抗議してみました。すると300,000は戻ってきたではありませんか。


インドネシアはこの辺が嫌いになれないところだ、とか意味不明なことを思いながら帰路に着きました。

pin様、貴重な地方情報をありがとうございました。
現地語もOKのようで、ずいぶん方々を回られたのですね。


私はソロはまだ行けていなくて、今年は、とも思っていたのですが・・・来年、どうしようかなあ と迷っております。

インドネシアの地方都市チルボン。その風俗開拓記の続きです。


翌晩はベチャに「バグース(ナイス)な場所」へ行ってくれ、と。


チルボン駅のすぐ東、広い通りを北に向います。

川を渡る橋の直前、左側に遮断機がありました。
ベチャは奥へ入っていきます。

インドネシアのローカル・エリアではお馴染みの【遮断機】が。
期待が高まります!!


オンボロな置屋が1軒だけありました。
20時前後で、選択肢は4名のみ。

尾根遺産はみな20代中盤くらいで、レベルは並の並、か。

なのに言い値はショート40万。

インドネシアって、ジャカルタ・バリ島・バンドゥンなどの都市部が安くて、地方の相場が高い、と此処でも再認識。


girl-439435_640

「他にもあります!」とベチャの兄ちゃん。
少し南へ戻り、そこから東へ。1軒の民家の前で停まりました。

「ダンナはここで待っていてくださいね」と中へ。

野郎、さてはコミッションの相談をする気だな。


しばし待たされた挙句に、戻ってきた兄ちゃん
「今日はまだ、お客さんを受けられない。準備中です」 と。


なんだよぉ~、それ!


「他には?カラオケとかないのか?」
「あります」
「じゃあ、そこに行ってくれ」
「まだこの時間は営業していません。22時以降にならないと」
「そうなのか・・・そこはABG(若い娘)がいるのか?」
「・・・30歳くらいです・・・・」
「・・・・・・・」


正直なのは、誉めてあげましょう。


さらに翌晩、別のベチャに案内させましたが、同じ2ケ所に行きました。
チルボンって、これだけかぃ???


前夜は顔見世さえなかった2ケ所目では、アラサーおばさんが1名だけ。

「遊んで行ってよ~!」としつこく食い下がられましたが、辞退。


長時間移動の手間をかけてまで、はるばるやってきたチルボン。

3泊もして、結果はこのとおり惨敗でした。


あ~あ。

今回は、9月に開拓を試みたジャワ島チルボンのお話を。


試しに検索してもらえれば、ここがスマラン以上に風俗情報の無い街だとご理解頂けるはずです。


でも「地球の歩き方」によれば、空港があるくらいだし、中華系住民が多い=開拓の余地はあるはず、と睨んで赴きました。


スラバヤから特急に揺られること7時間。
車窓からの印象は 「ビルが少ない!」 でした。


タクシーもあるにはありますが、台数が少ないチルボン。
「地球の歩き方」でも 市内の移動はベチャで、とあります。


チルボン駅から徒歩圏のホテルにチェックイン。

事前情報が無い以上、聞き込みするしかありませんので、玄関先で暇しているベチャに聞いてみました。


すると、「ホテルに連れ込めるよ。何時がいい?」ですと。

bali-1807464_640

21時過ぎにホテル入口に行くと、満面の笑みで迎えるベチャの運ちゃん。
きっと「コミッションで今夜は稼げるぞ!」とウハウハなんでしょう。


「ABGか?」 「はい!20歳とかです」   本当かなぁ~


どこかの待機所に連れていかれると思っていたら、どこかに電話した運ちゃん、
「すぐ連れて来るから、ここで待っていてくれ」 ですと。


10分もしないうちに、2名の尾根遺産を乗せて戻ってきました。



キレイな方がママさんで、推定30歳前後。
巨乳を半分露出した、キツめな印象の若い方が商品だそう。


ジャカルタの店舗であれば絶対に選ばないタイプですが、確かにABGではあります。


1時間50万Rp がママの言い値。
ジャワ島の地方都市なので、相場は多分そんなところでしょう。


ブンガメン(流し)が3人も寄ってきて離れないし、面倒だし、長距離移動で疲れていたので、今宵はもうこの尾根遺産で妥協。
そそくさとホテル内に戻ります。


シャワーを終えた私に、メタボちゃん、「お腹すいたの。ルームサービス頼んでいい?」 ときました。


本人の自己申告では、1*歳で、まだキャリア2ケ月だというのに、厚かましいものです。


かなり客慣れしているのか と思いきや、完全なる冷凍マグロ。
しかも丸太のごとき両脚の力を抜かないので、挿入できません。


何とかロッドの先端だけ突入しましたが、今度は「痛い!」と。

濡れが不足しているのか、とクリ付近をロッドで刺激してみても反応は変わりません。


痛がる尾根遺産を無理矢理、というのは私の流儀に反するので、ロッドは急速に硬度を失ってしまいました。 (涙

↑このページのトップヘ