アジアの尾根遺産【インドネシア分室】

ブログ「アジアの尾根遺産」のなかから、インドネシア関連記事だけを移転させました。ただしバリ島とジャカルタは除きます。

Category: ジョグジャカルタ

今回はジョグジャカルタの置屋での、私自身のエピソード。もう1年近く前の話になったので、そろそろブログに書いてもいいかな、と。

◎望外の“当たり”

ジョグジャカルタを再訪したその日の晩。スラゲン遠征を翌日に予定していたので、タクシーに聞き込みしたのは過去記事のとおり。


かつて訪れたジョグジャカルタの置屋を再訪しようと、そのタクシーのなかの1台に向かわせました。歴代屈指の名器だった彼女に再会できれば、と。しかし、再会は叶わず。


「他に知っている置屋は?」

タクシーが向かった先にあったのは、見るからに民家。しかしもう、営業はしていないと。


「ダンナ、もう1ケ所ありますから」と運転手。

着いたのは某ルコの一角で、マッサージ店に偽装した置屋でした。


店先にいたのは、見た印象で20歳前後の美形女子大生。ジョグジャカルタは「学生の街」でもあるので、店番かな?と。


ところが、なんとその彼女が置屋嬢だと言うじゃありませんか!

運転手が私に目配せします。「コイツをゲットしろ、上物だ!」と。


たしかにジャカルタのトラベルやクラシックにいても、日本人客が列をなしそうなほどの可愛さです。

 

◎ブロガー魂?の発揮

彼女の言い値は50万Rp。ジョグジャカルタの置屋としては適正相場です。その標準価格で、こんな若くてキレイな尾根遺産とデキるの?


そのとき、ふと思いついたのです。ブロガーの習性なんでしょうね。


自分のホテルにテイクアウトするのが普通ですが、ここはマッサージ店に偽装している置屋。だったらプレイルームがあるのでは?その室内がどうなっているのか、記事としてはその方が面白いかな、と。


「往復する時間、もったいないでしょ?此処で出来る?」と訊いてみたらOKだと。

20170502_230711

◎ルックスは抜群だけど

通されたのは画像の部屋。マッサージの施術部屋というより、むしろ女子大生の下宿部屋という印象。


だって普通のベッドだし、カバーの柄はご覧のとおりだし。棚は子供向けアニメのキャラ。それにエアコンも扇風機もない部屋でしたから、ここで施術はあり得ないでしょう。

20170502_230733


案の定、素性を探ってみたら、地元の大学に最近まで通っていたという尾根遺産。自称20歳。この仕事はまだ、始めて1ケ月だと。

20170502_230722


水回りもご覧の有り様。マッサージ店に住み込みしている女子大生の部屋にお邪魔している気分に。ここでひとり、身体を清めます。


シャワーを終えた彼女のバスタオルをそっと剥がすと、可憐なお顔にふさわしいBカップが現れました。揉み甲斐はありませんが、チロチロと舌で刺激してみます。


しかし彼女は全くの無反応マグロ!(涙


しかも携帯で音楽を流していたばかりか、文字通りひっきりなしのメッセージ着信音?で集中できません。


プレイとしては完全にハズレでした。それでもFINISHでき、満足感もあったのは、彼女がそれだけ「ルックスは上玉」だったからです。


あれから1年近くなので、もうあの置屋では働いていない可能性が高いと思います。だって、あれだけの美人なんだから、就職先は他にいくらでもあるでしょう。

◎スラゲンまでの道中

運転手も私もスモーカーということで、1時間おきくらいにタバコ休憩をしながら車はひたすらスラゲンを目指します。

20170503_195619

ようやく案内標識にその文字が出てきたのは、出発からすでに3時間半ほど経過した頃。いい加減、田舎道のドライブに飽きてました。


ジョグジャカルタ
から2,3時間 というのはインドネシア流のサバ読み?だったようで。

20170503_195538

◎スラゲンの街は

「このあたりがスラゲンの中心部ですよ」


運転手が私にそう告げたのは、昼12時過ぎ。すでに出発から4時間以上経過しています。確かにそこには町役場?みたいな建物や大きなロータリーがありました。

20170503_195550


画像の道路がメイン・ストリートのよう。整備されたキレイな地方都市という印象で、置屋が多数ある(あった?)街とはとても思えません。


とりあえずこの道路(Jl. Raya Sokowati)沿いでランチを取りました。

20170503_195458

◎聞き込みした結果

食後の一服をしながら、運転手と一緒に駐車場係員にヒアリングを敢行。


「・・・・・という伝説、知ってる?」

「はい、経験はありませんが知ってます。」

「グヌン・クムクスのその場所まで、ここからどれくらいかかる?」

「そうですねぇ・・・2時間以上かかりますね。」

んげっっ!!


インドネシア流の2時間は、実質3時間以上か?

すでにこの時点で13時を回っています。運転手が「無理っす」という顔で私を見ます。


「じゃあ、途中まで1時間くらい行けば、グヌン・クムクスの写真は撮れるかな?」

「いえ、グヌン・クムクスは丘みたいなもので、遠くから写真は撮れませんね」

ガッ、ビ~~~ン!


インドネシア情報局さんの記事で、麓だか中腹だかに、みたいに書かれてたので私はスラバヤの南、トレテスを連想していました。


トレテスはまさに、山の麓というか中腹にある、置屋街で知られた街です。


どう考えても、ジョグジャカルタに夕方までに戻るのは無理だし、もし仮にあと2,3時間かけてグヌン・クムクスに着いても「その場所」に辿りつける保証はありません。


「この街には他に、置屋とかないの?」

「ん・・・ないですねぇ」

「カラオケとかもないの?」

「カラオケならすぐこの先に1軒ありますよ」


行ってみたそのカラオケ、看板に大きくFAMILY の文字が。こりゃ、ダメだ。。。


という次第で、スラゲンにまつわる伝説の探査は情けない結果に終わりました。

◎ジョグジャ到着の晩に

今回のジョグジャカルタ滞在は、日程等の都合で僅か2泊のみ。

Sragenに向かうなら、ソロ(スラカルタ)泊の方がベターかな?とも考えましたが「ソロの夜遊びは壊滅的状態」だと、どこかのサイトで以前読んだので断念。


インドネシア情報局さんの記事にも「ジョグジャカルタから車で2,3時間」とあったし、到着した晩に夜遊び調査に使ったタクシーも「多分3時間、いや2時間もあれば着く」と。


だったら明日、レンタカーで充分行けるな、と。

いよいよ、伝説の舞台に迫る日が来たぞ、と。
20170504_103337

◎見込みどおりにならず

翌朝、投宿先のフロントでレンタカー料金を確認。

・6時間 ⇒ 400,000Rp

・10時間 ⇒ 550,000Rp


余裕を見て片道3時間としても6時間じゃ、往復するだけになりそう。

だったら10時間にしておいて、もしSragenを早く切り上げる事態になったらカラオケ村タガルジョ探索という手もあるぞ、と。


できるなら夜遅い時間帯にSragenに行きたかったところではあれど、レンタカーが10時間で借りられたのは朝8時から夕方6時まで。

大急ぎで支度を済ませ、運転手を待ちます。やって来たのは、推定30代の好青年。英語も少しですができました。


しかし私がSragenの場所を地図で示すと、「ツゥングー、ミスター」(ちょっと待って)と言ってフロントに走っていき、私もそこに呼ばれます。


「お客様、10時間55万Rpはジョグジャ内限定です」

「ソロの先まで行くなら80万Rpです」と。


おぉい、さっき地図を見せて「此処に行きたい」ってアンタに説明したでしょうに!!!(怒

◎運転手も知っていた

ジョグジャカルタ滞在は翌朝まで。この機会を逃したら、Sragen探索のチャンスは人生で2度と無いかもしれない。。。ということで渋々、80万Rpを承諾し、車内へ。


かなり不機嫌で、沈黙を続けた私。

でも道中は長いわけで、運転手と2人きりだし、打ち解けるためにも、と例の伝説を話してみたら「ワタシもその話は知っていますよ」と。


それからしばらく、現地語9割超英語1割未満で彼がいろいろ説明してくれたのですが、私のインドネシア語の力量では意味不明。


ただ、この2つの英単語はハッキリ言いました。

「デビル」 と 「マジック」 です。


(つづく)

◎ジョグジャ再訪の理由は

ご存じの読者様もいらっしゃるでしょう。

実は「オトコの夜遊びガイド:ジョグジャカルタ編」の説明ページに「今後の改訂予定はありません」と書いておりました。


ではなぜ今回、ジョグジャカルタに行ったのか。

別の目的があったからです。改訂作業は、いわば「ついで」でした。


もう何年も前になりますが、たまたま読んだ「インドネシア情報局」さんの記事の内容がとても印象的で、「いつか此処へ行きたい!」と。

その想いが捨てられなかったんです。
temple-1699916_640

◎ジャワ島の密やかな伝説

すでに更新をしていらっしゃいませんが、敬意を表して「インドネシア情報局」さんの2009年の記事を一部抜粋引用いたします。

 

ジョグジャカルタから車で2、3時間の場所に、Gunung Kemukus グヌン・クムクスがある。Gunungとは<山>を意味するインドネシア語。


そのグヌン・クムクスの麓に当たるのか、中腹に当たるのか忘れてしまったが、Kota Sragen コタ・サラゲンがある。 


Kotaは<都市・街>を意味するインドネシア語。要するにサラゲン町を目指す。


このサラゲン、所謂置屋が相当多い町とのこと。もちろんローカル人向けで、そんな場所で遊ぶ外国人はほぼ存在しない筈。


そのサラゲン町に昔から伝わるミステリー。

ローカルでは、もちろん女性を買いに行く場所として有名な場所らしいのだが、本来は夫婦で行くべき場所。行う行為はもちろん★ックス。


夫婦で行って何をするかと言えば、男性はその場所で別の女性を選び、奥さんもその場所で夫以外の男性を選ばなければならないそうです。


<行為の代償として得られるのが莫大な富>と昔より伝えられ、実行する夫婦がいまだにいるかは別にして、そんな場所として知られているようです。

男性が独りで行っても効果は何もないそうです!

 

◎ヒアリングしてみたら

2014年、パガンダランからジョグジャカルタまで鉄道で向かった、その車内。

故障かトラブルか、全く動かない列車内で、相席していたローカルの若者3名にこの伝説の話を訊いてみました。


すると内1名が「知っています」と。

そのとき、自分自身に誓ったのです。「いつか、Sragenに行くぞ!!」 と。

(つづく)

◎3年間の変化は

ジョグジャカルタ名物?Gang3は相変わらずでした。


かつて私が遊んだ、Gang3界隈の置屋はすべて常駐型から派遣型になってしまい、事前リサーチしても満足したという声は皆無。


写真とは似ても似つかぬヤツが来た、とか。

 

◎変化の波は確実に

Gang3界隈は元々、格安宿が多数ありましたが、小さなホテルでも次々リニューアルされて宿泊環境は良くなってきた印象です。


同じインドネシアの観光地バリ島と一緒で、風俗ジャンルは置屋から★番SPAにシフトしつつあるように感じました。


修正だらけの写真で選ぶしかない斡旋屋より、オバケばかりのGang3より、★番SPAのほうがビギナー向きなのは申すまでもありません。


それにツアーで相部屋だったとしても、外で済ませられたら問題ないですよね?

私のエピソードはまた後日、あらためて。

↑このページのトップヘ