今回はジョグジャカルタの置屋での、私自身のエピソード。もう1年近く前の話になったので、そろそろブログに書いてもいいかな、と。

◎望外の“当たり”

ジョグジャカルタを再訪したその日の晩。スラゲン遠征を翌日に予定していたので、タクシーに聞き込みしたのは過去記事のとおり。


かつて訪れたジョグジャカルタの置屋を再訪しようと、そのタクシーのなかの1台に向かわせました。歴代屈指の名器だった彼女に再会できれば、と。しかし、再会は叶わず。


「他に知っている置屋は?」

タクシーが向かった先にあったのは、見るからに民家。しかしもう、営業はしていないと。


「ダンナ、もう1ケ所ありますから」と運転手。

着いたのは某ルコの一角で、マッサージ店に偽装した置屋でした。


店先にいたのは、見た印象で20歳前後の美形女子大生。ジョグジャカルタは「学生の街」でもあるので、店番かな?と。


ところが、なんとその彼女が置屋嬢だと言うじゃありませんか!

運転手が私に目配せします。「コイツをゲットしろ、上物だ!」と。


たしかにジャカルタのトラベルやクラシックにいても、日本人客が列をなしそうなほどの可愛さです。

 

◎ブロガー魂?の発揮

彼女の言い値は50万Rp。ジョグジャカルタの置屋としては適正相場です。その標準価格で、こんな若くてキレイな尾根遺産とデキるの?


そのとき、ふと思いついたのです。ブロガーの習性なんでしょうね。


自分のホテルにテイクアウトするのが普通ですが、ここはマッサージ店に偽装している置屋。だったらプレイルームがあるのでは?その室内がどうなっているのか、記事としてはその方が面白いかな、と。


「往復する時間、もったいないでしょ?此処で出来る?」と訊いてみたらOKだと。

20170502_230711

◎ルックスは抜群だけど

通されたのは画像の部屋。マッサージの施術部屋というより、むしろ女子大生の下宿部屋という印象。


だって普通のベッドだし、カバーの柄はご覧のとおりだし。棚は子供向けアニメのキャラ。それにエアコンも扇風機もない部屋でしたから、ここで施術はあり得ないでしょう。

20170502_230733


案の定、素性を探ってみたら、地元の大学に最近まで通っていたという尾根遺産。自称20歳。この仕事はまだ、始めて1ケ月だと。

20170502_230722


水回りもご覧の有り様。マッサージ店に住み込みしている女子大生の部屋にお邪魔している気分に。ここでひとり、身体を清めます。


シャワーを終えた彼女のバスタオルをそっと剥がすと、可憐なお顔にふさわしいBカップが現れました。揉み甲斐はありませんが、チロチロと舌で刺激してみます。


しかし彼女は全くの無反応マグロ!(涙


しかも携帯で音楽を流していたばかりか、文字通りひっきりなしのメッセージ着信音?で集中できません。


プレイとしては完全にハズレでした。それでもFINISHでき、満足感もあったのは、彼女がそれだけ「ルックスは上玉」だったからです。


あれから1年近くなので、もうあの置屋では働いていない可能性が高いと思います。だって、あれだけの美人なんだから、就職先は他にいくらでもあるでしょう。